11/02/15 一面銀世界

今朝の目覚めはスッキリです。やっぱり自宅はいいですね。夜も目が覚めることがありませんでした。あれほど入院中はトイレの起きていたのが嘘のようです。

カーテンを開け、窓の外を眺めると昨夜から降っていた雪は止んでいたのですが一面銀世界でした。
a0156526_7312779.jpg


次第に日も出てきているので、昼頃には相当溶けると思います。

体調にも変化無く、ふくらはぎの痛みも随分内輪になってなっています。これからは見た目の副作用でなく、体内(血液)の目に見えない副作用がやってきます。

白血球、血小板、リンパ球の減少等々。ウィルスやかび(真菌)により罹りやすくなる体になってしまいます。白血球の減少にはG-CSF(グランやノイトロジン)という白血球を増やす皮下注射をうてばよいのですが、血小板はそうはいきません。血小板を一時的に増やすのには輸血が必要になってきます。

成分輸血です。血小板の輸血パックを見ると「えっ、これが血小板?」と思うような色のパックが点滴されます。

見た目は、不透明なコラーゲンジェルのような感じです。分かりやすく簡単に言ってしまうと、擦り傷の表面に出てくる「膿」を思い浮かべてもらうと分かりやすいでしょう。

今度の木曜日、17日にさてどんな結果が出るのでしょうか?
[PR]

by m1n0t5r3 | 2011-02-15 07:47 | 日常