11/03/22 リツキサンの投与

今日は、悪性リンパ腫の維持療法のために病院通いです。

朝の内、計画停電のグループに入っていましたが、実施はありませんでした。




一日は採血から始まります。今日の順番は15番でした。先日よりも若干早かったです。

左腕から採血してもらいました。いつもの刺し場所とは少しずらして採血してくれました。


それから、外来化学療法センターに行って、体温・血圧測定を済ませてDrの診察を待ちます。

ラウンジのソファは患者で満員。仕方なく折りたたみのパイプ椅子に座って待ちました。


Drの診察までの間、看護師のWさんに血算値を調べてもらいました。ヘモグロビンは基準値内、白血球は横ばい、血小板は若干上向きでした。

かなり待って、Drの診察となりましたが、血算値の説明、聴診や今後の予定を話して「リツキサン」の投与がGOになりました。



点滴のルートは今日は右腕にしてもらいました。ちょっと外側でしたが一発でルート確保。しょっちゅうルートを確保してもらっている身にはありがたい限りです。
a0156526_1731636.jpg



吐き気止めの「ポララミン」と「カロナール」を飲むところから始まります。その後抗生剤の「サクシゾン」を20分ほどで点滴投与。


体調の変化をチェックするために心電図モニターが体幹に3ヶ所付けられます。

ここから「リツキサン」の本番です。輸液ポンプで流量が決められます。a0156526_17454034.jpga0156526_17463560.jpg

最初は100ml/時で流し入れます。それで異状がなければ流量のアップです。200ml/時になりますが、ここからおそよ3時間。























今日は病院内に7時間ほど居たことになりました。いつもながら看護師さんたちの愚痴や悩み・心配の受け止め方は絶妙です。ホッとする時間を共有できることに感謝です。




看護師のWさん、元気な赤ちゃんを産んでくださいね。G県T市からの朗報を待ってます。



特に体調に変化はなく、無事に家に帰ることができました。(^_^)v
[PR]

by m1n0t5r3 | 2011-03-22 17:54 | 悪性リンパ腫