12/07/03 移植に向けて③

今日の検査は消化器外科でした。



再来受付機にカードを入れて、再来とは言っても消化器外科は久しぶりでなおかつ予約外なのでどれだけ待つのだろうと心配でした。



予約外の場合は、予約の谷間に診察が入ります。運が良ければすぐに診察となるのでしょうが、なかなかそうはいきませんでした。



一時間ほど待ったでしょうか。ようやく呼ばれました。「マントルさん、11番の診察室にお入りください。」とDrの声。



始めに最近の状況を聞かれました。痔疾のことです。「ここのところは特に症状はありません。」と回答。



昨日よりは少し広めのベッドに横になりました。



ここから触診になりました。



ズボンとパンツを膝まで下げて、膝を抱える格好で診察を待ちます。(リアルすぎますか?)



呼吸を楽にしてください。とのDrの声。



肛門から直腸近くまで、指でグリグリされました。



診察の結果は、特に外傷はなく移植の治療を始めても影響なしとのことでした。



ホッと一息です。



中待合いで知り合いの看護師さんと遭遇。少しばかり話を聞いてもらえたので言葉の手当をしてもらいました。



明日は「歯科検診」です。
[PR]

by m1n0t5r3 | 2012-07-03 21:11 | 骨髄移植