12/07/06 移植に向けて⑥

今日はカウンセリングというか今の患者の気持ちを聞いてもらうための支援でした。




群大病院には患者支援センターがあり、病気に対しての様々な不安に対して相談にのってくれる支援センターがあります。




患者の“愚痴”を聞いてくれるのは、初発の時にお世話になった看護師さんです。




今は普通の看護師ではなく、“ガン患者専門看護師”という肩書きの付いた看護師さんになっています。




90分ほど移植に対する不安や今の気持ちなどほとんど一方的に話すことをうまく受け止めてくれます。




“心のケア”とでもいうのでしょうか。




一番大事な看護をしてもらったような感じです。




来週も聞いてもらうことにしました。
[PR]

by m1n0t5r3 | 2012-07-07 00:17 | 骨髄移植