13/08/23 感動

夏の甲子園が地元、群馬代表の前橋育英の優勝で幕を閉じました。

県勢としては14年振りの優勝でした。

数々の緊迫した好ゲームが続き、溌剌としたプレーに元気と感動をたくさんもらいました。

そんな中、一番感動したのは9回表育英の攻撃のときに起きた出来事です。

バッターのファウルチップが延岡のキャッチャーの右腕に当たったのです。

キャッチャーが痛みに苦悶の表情を浮かべているところに、真っ先に駆けつけ、コールドスプレーをかけていたのは、育英の一塁ランナーコーチでした。

敵味方なく、こんなことができたのは、日ごろからの指導の賜物ではないでしょうか。

真剣なプレーに感動するのは当たり前のことですが…。
[PR]

by m1n0t5r3 | 2013-08-23 14:26 | 日常