13/09/20 カルチノイド

骨髄移植をするといろいろな副作用や合併症が生じると医師からは言われてきました。


血尿もその一つかと思っていましたが、膀胱内にできたポリープのせいだったようです。


そのポリープも無事に切除でき、今のところ血尿はありません。



GVHDの関連検査でもう一つ分かったことがありました。それは直腸にカルチノイドが生じていたことでした。


カルチノイド。あまり聞き慣れない言葉ですが、カルチ=癌、ノイド=ようなもの というのだそうです。放っておくと大きくなるし、ガン化していくのだそうです。


最近では、経済評論家の金子哲雄さんが肺のカルチノイドで逝去されたのをご存じの方もいらっしゃると思います。


直腸のカルチノイド切除手術は群大では行えないというので、切除手術のスペシャリストのいる高崎にあるM病院で行いました。


1泊2日の入院で手術は無事に終了。術後の注意は排便の時息まないこと。思いっきりおならをしないことをしばらくはしないようにと言われました。


20日、術後の外来診察に行ってきました。採血をして診察を待ちました。



採血後一時間くらいで診察室に呼ばれました。主治医のW先生がニコニコしながら出迎えてくれました。


改めて手術の様子を解説してくれました。カルチノイドは3Φくらいとのことでした。カルチノイドの周囲に目印をつけ、薄皮を剥がすように切除。普通の人ならこれで終わりなのですが、マントルの場合は移植のために免疫が下がっているので、さらにクリップ縫合までしてもらえました。


そして、直腸カルチノイドから卒業することができました。
[PR]

by m1n0t5r3 | 2013-09-21 15:31 | 骨髄移植