13/11/07 2週間ぶりでした。

水曜日の大学病院は相変わらずの混みようだった。採血待ちは80人。9時過ぎに行ったのに会計が終わり薬を受け取ったのは2時近かった。


採血に時間がかかったので、診察も予約時間にはしてもらえず予定よりも1時間以上経ってからだった。


採血採尿結果は、どちらも改善の方向に向いていた。

尿測地の潜血反応はマイナスに。血算値もヘモグロビン12.0  白血球6400  血小板16.5 という数値だった。

γーGTPの数値も下がってきていた。


主治医に
「いつになったら改善するのでしょうか?」と尋ねると

「そんなにいつまでも(ドナーと)体の中でけんかしていることはないと思いますよ」という返事。「膠原病の患者さんは自分の体同士で闘っていますよ。」とまで。


薬の量は減りませんが、少しずつ改善の方向に向いている感じです。
[PR]

by m1n0t5r3 | 2013-11-07 08:49 | 骨髄移植