14/10/09 緊急入院

生身の体なので、いろんな経験をさせてもらっています。

先週の定期診察の日でした。診察日の二、三日前から微熱と咳が続いていました。熱は午後には36℃台に戻るので様子をみていました。

しかし、その日は朝から37.8℃あり、やっとこさっとこ病院へ。

再来受付をし、血液内科の外来に直行しました。処置室で休ませてもらいました。

通常の採血や再尿も処置室でしてもらい、途中主治医の簡単に診察があり、CTやレントゲン撮影、心電図検査をして再び診察をしました。

そして受けた告知は「細菌性の肺炎」の疑いで緊急入院することになりました。

入院の準備もしないで来院したので、患者本人が驚いてしまいました。

そんなわけで、またまた入院。

抗菌剤が効いてくれているようで、少しずつ影は薄くなってきています。

しかし、ステロイド剤による血糖値の上昇により、感染予防からインスリンを注射することになりそうです。
[PR]

by m1n0t5r3 | 2014-10-09 20:10 | 骨髄移植