14/10/19 恩師

先日、知人から訃報が届いた。

入院中のために新聞を読むことがないので、「お悔やみ欄」も確認することができなくなった矢先のことでした。

メールをもらったときには、一瞬目を疑いました。何故なら、つい一ヶ月前に病院で偶然にお会いし、スポーツ談義に華をさかせたのでした。

私はその後体調を崩し、入院していたので、外来でお会いすることはなかったのです。

化学療法をしていたので、ガン治療をしていたのは知っていたのですが。

高校部活動の恩師でした。高校時代は僅か一年間だけの関わりでしたが、その後も同じ陸上競技に関わっていたので、競技場でいつも顔をあわせては、近況報告していたものでした。

就職してからも、関わりはずっと続いていました。陸上競技のこと、スポーツ行政のことなどいろいろなことを幅広く教えて頂いたのでした。

まだまだ教えを請わなければならないことはたくさんあったので、残念でなりません。

せめてもの救いは、恩師の退職時に高校の後輩たちと盛大に退職祝いができたことでしょうか。

改めてご冥福を祈りたいと思います。


合掌。
[PR]

by m1n0t5r3 | 2014-10-19 07:21 | 日常