カテゴリ:悪性リンパ腫( 166 )

12/06/09 骨髄移植レクチャー

HLA検査の結果、近親者のうち一人が型を決める6つのうち5つ合致しました。

その後ドナーとなるかもしれない近親者はドナーとして移植が可能かどうかのいろいろな検査をしてもらったようです。





その結果、移植は可能のようです。


ということで、主治医から電話があり詳しい移植についての説明を受けることになりました。



来週の火曜日、相棒と一緒に移植のレクチャーを受けます。



そして、移植するかどうか決めます。
[PR]

by m1n0t5r3 | 2012-06-09 10:15 | 悪性リンパ腫

12/05/24 まだまだ

今日は点検日でした。

HLA の検査結果が楽しみでした。

がっ、残念ながらまだでした。

しかも、近親者であっても誰がマッチングしていたかは教えてもらえないことになっているそうです。

まぁ、気長に待ちます。

因みに今日の血算結果は、

ヘモグロビン 12.9 白血球1,000 血小板 93,000 という結果でした。

MDSのせいで、相変わらず白血球は低い数値です。

良く感染しないものだと自分でも感心します。

次回の点検は6月です。

おそらくそこまでには結果も出ていることでしょう。
[PR]

by m1n0t5r3 | 2012-05-24 18:19 | 悪性リンパ腫

12/04/30 思案中

今回告知された「骨髄異形成症候群」は完治を目指すには「骨髄移植」しかないことはこの前書きました。

とりあえず近親者(妹・子ども)や相棒が「HLA」の型を調べることに付き合ってくれると言っています。

有り難いことです。

しかし、自分の気持ちがまだまだはっきりしません。一応HLAの型は調べるのですが…。

移植をするなら「ミニ移植」となるようです。

PCを駆使して移植の情報を片っ端から引き出して読みあさっています。

来月早々に型だけ調べてみます。(^^;)
[PR]

by m1n0t5r3 | 2012-04-30 17:09 | 悪性リンパ腫

12/04/26 新たな告知

今日は定期点検日でした。

仕事の合間に採血を済ませ、午後の診察まではまた仕事に戻るというサイクルです。

仕事場が病院内というのはナント都合のよいものなのでしょうか。

採血結果は、ヘモグロビン12.8  白血球 1,100  血小板  98,000 でした。

相変わらず、白血球は少ないものでした。


午後の診察。診察室に入ると主治医がちょっと神妙な顔つきで出迎えてくれました?

「白血球などの上がりがずっと悪いんですよね。」と言う切り出しから、新たな告知が始まりました。


ベンダムスチン(トレアキシン塩酸塩)を使った化学療法のせいなのでしょう。

骨髄抑制が思わぬ方向に発展進化していました。

血液を作る幹細胞が変化してきたんです。

ちゃんとした正常な「ヘモグロビン」、「白血球」や「血小板」を造ることができなくなりつつあると言うことでした。

そこで新たな病名が告げられました。

『骨髄異形成症候群』

またまた血液のガンです。悪くなれば白血病に変化していくとのことです。

いつもの明るい?雰囲気の診察室とは打って変わってドンヨリとした感じが漂っていました。

治療についても話を聞きました。

血液を造る幹細胞の病気なので、完治を目指すには『骨髄移植』しかないそうです。

移植には「自家」移植と「ドナー」移植の二種類がありますが、今回は(初発時は自家移植をしている。)「ドナー移植」です。

自分の幹細胞がだめなのだから当然のことでしょう。

移植をするのであれば、年齢も考えると「フル移植」ではなくて「ミニ移植」になると、主治医のY先生が話してくれました。

いずれにしても移植をするとなると『HLA』型を調べ、適合するドナーを探すことになるでしょう。まずは肉親から。妹や子どもたちの型を調べることから始まるのでしょう。


主治医は慎重です。

「最後は患者の判断です。移植しないと言えば私たち(医師団)はそれを尊重しますよ。」と言ってくれます。

「でも、マントル細胞リンパ腫が寛解している今が移植するには良い時期でしょうね。」とも。




そうなんですよね。最後は自分で決めることなんです。

今度の告知には正直なところ、今まで以上に応えています。







答えを出すにはもう少し時間が必要です。
[PR]

by m1n0t5r3 | 2012-04-26 22:11 | 悪性リンパ腫

12/04/13 定期点検で微増

昨日は定期点検日でした。

マルクをして結果がどうなっているのか、どきどきわくわく?しながら診察を待ちました。

午前中に採血を済ませました。採血してくれたのはいつものFさんでした。

採血中には、山登りの話になりました。GWには三重の大台ヶ原辺りに登りたいといっていました。

午後二時から診察でした。

残念ながらまだマルクの検査結果は出ていませんでした。

血算値は少しずつ上昇していました。

  ヘモグロビン 13.4   白血球 1,300  血小板 112,000  でした。

自力では久しぶりに血小板が10万を超えました。うれしい限りです。

しかし、主治医からは『「日和見感染」に気を付けてくださいね。』と言われました。

また二週間後に点検です。

果たしてどんな結果が出ているのでしょうか?今から楽しみです?
[PR]

by m1n0t5r3 | 2012-04-13 07:20 | 悪性リンパ腫

12/03/29 おまけがつきました。

外来受診日でした。

採血はベテランの看護師Fさんにお願いしたのですが、なかなか採れずに苦労しました。

看護師さんも、「こんなに(血管に)触れなきゃ採れないよ。」なんて嘆いていました。

午後の診察は予定より若干遅れましたが、診察室に入るなり、「PET、特にありませんでしたよ。」と主治医からの話で始まりました。

血算値は、ヘモグロビン 13.9 白血球 1,000 血小板 88,000 でした。

白血球の上がりが悪いので、主治医は他の病気も心配をしてくれていました。

そのため、今日は診察の後におまけがつきました。

なんと「マルク」をすることになったのでした。

マルクとは「骨髄穿刺」のことで、注射器で骨髄を引き抜くことです。

もう病院では顔馴染みになっているDrにしてもらいました。

うつぶせになり、消毒をし、麻酔をしてから骨髄を引き抜きます。

普通の注射針ではなく、一回りも二回りも太い注射針なのと骨まで突き刺すので麻酔をするのです。

でも、麻酔が効くのは皮膚の処までなので、針を刺す痛みはないのですが骨髄を引き抜く痛みは半端なく痛いものです。

思わず「痛ぇ~~~~~」と声が出てしまいました。

もう一つおまけがありました。このマルク作業の見学者(医学生)がいたのです。Drはいちいち説明しながらマルクをしていきます。

まあ、今日は一人だけだったのですが、入院中にはベッドサイドに10人以上学生がきて尻丸出しなんてことがありました。


PET検査も異状がなかったので、職場復帰のために診断書も書いてもらいました。
[PR]

by m1n0t5r3 | 2012-03-29 23:04 | 悪性リンパ腫

12/03/26 3回も刺された

今日はPET検査でした。

この検査の時は朝昼食抜きで検査を受けます。

それというのも、糖分がたくさん身体の中にある状態では検査ができないのです。

放射線や糖分を含んだ「FDG」という検査のための輸液を静注してから始まります。

ガン細胞が糖分を集めるという性質を利用して行う検査です。



最初にFDGを静注するのですが、今日はなかなか血管にあたりませんでした。

一回目は肘の裏側に刺しますが、ここはもう血管が随分硬化しているので針先で血管を切ることができません。

二回目は左の手の甲でした。こちらは血管が細くて探しまくりましたが残念なことに当たりませんでした。

そしてようやく三回目。右手の甲に点滴用の針が刺され、静注が始まりました。

薬を入れている間、技師や看護師はどうしているかというと、放射線に被爆しないよう遮蔽物の陰に隠れているのです。

放射線量は2mSvくらいだそうです。


静注してすぐに検査にはなりません。一時間ほど安静にして薬が全身に回り、ガン細胞がブドウ糖を取り込むのを待ちます。

そして、CT撮影の部屋に呼ばれ全身撮影なので30分くらい身体を固定され撮影を行います。

このときいつもぐっすり寝てしまいます。ピクリともしないように身体も頭も固定されているので安心して眠ることができます。

静注してから2時間弱で検査終了となりました。



結果は3日後の血液内科受診の時に知らされます。(悪ければ明日にも電話が来るでしょう。)

結果がどんな風に出るか楽しみにして、受診日を待ちます。
[PR]

by m1n0t5r3 | 2012-03-26 16:45 | 悪性リンパ腫

12/02/02 定期点検

今日は昼から点検のために病院へ。

採血はいつもよりもスムーズに。受付をするとすぐに番号を呼ばれました。

診察も比較的早くやってもらえました。

で、血算値はというと

  ヘモグロビン  13.5   白血球   1,400   血小板  83,000

でした。

白血球は少し下がったものの、主治医の見積もりの範囲内でした。血小板はうれしいことに上昇し続けています。ヘモグロビンも基準範囲内。


しかし、IgG、IgA、IgMなどの値が下がっていたので免疫グロブリンを点滴してきました。


点滴中は、またゆっくり休むことができました。看護師さんに「よく眠れましたよ」と言ったら「この賑やかなところでよく寝られましたね」なんて言われてしまいました。
   

...続きを読む
[PR]

by m1n0t5r3 | 2012-02-02 17:41 | 悪性リンパ腫

12/01/26 自力復活を目指して。

今日も点検でした。

血液検査の結果によりマルク(骨髄穿刺)をすることになるかなぁ?って思っていたのですが…。

血算値は
 ヘモグロビンー12.9
 血小板ー77,000
 白血球ー2,100

と、なんとか上向きにある数値を示していたのです。

今日もマルクを回避し、自力の様子を見ることになりました。

マルクを覚悟していたのですが、ちょっぴりホッとしています。003.gif
[PR]

by m1n0t5r3 | 2012-01-26 13:16 | 悪性リンパ腫

12/01/23 またG-CSF

ここのところずっと点検が続いています。

今日も点検でした。

血算値は、

ヘモグロビン12.8
血小板   68,000
白血球   1,100

という結果でした。

診察しながら、次のことを相談します。

サイトメガロウィルスの検査もすることになりました。

木曜日に再来です。

結果が芳しくなければ、マルク(骨髄穿刺)をすることになるかなぁ?

今日はまたGのお世話になってから帰ります。
[PR]

by m1n0t5r3 | 2012-01-23 09:55 | 悪性リンパ腫