カテゴリ:骨髄移植( 143 )

14/11/29 古巣に

またまた流浪の民になりましたが、今回は本来の診療科病棟である北七階に戻ってきました。

初めての部屋ですが、窓側だし、同室の患者さんの鼾にあまり悩まされることもなく穏やかに過ごせています。

窓からは雄大な赤城山が一望できます。
a0156526_1724177.jpg


構内の広葉樹は紅や黄色に染まっています。
a0156526_1726440.jpg


もう流浪の民にはならないと思いますが、治療はまだ掛かりそうです。
[PR]

by m1n0t5r3 | 2014-11-29 17:18 | 骨髄移植

14/11/24 落ち着かない

流浪の民から逃れ、北二階に移りました。

ただ今までとは勝手が違います。外科と救急部が中心なのです。

看護師さんも少し強引なところもあるような感じがします。

それでも患者の要求には良く応えてくれます。

まだ三日目ですが、仲良くやっていこうと思っています。

血液内科の医師チームも二階まで回診に来てくれています。

窓越しの景色も全く違い、桜と銀杏の紅葉が綺麗な眺めですよ。
[PR]

by m1n0t5r3 | 2014-11-24 18:58 | 骨髄移植

14/11/21 流浪の民に

合唱曲ではありません。

同じ病院内をあちこち移動しているのです。

肺炎の方は少しずつではありますが、回復傾向にあります。

錠剤などの内服と点滴投与だけの治療が続いています。

病院側の都合が大きいのですが、患者を多く受け入れたいという傾向にあるようです。

一時は転院の話も出ましたが、患者のワガママを通してもらい、同じ病院で治療が続けられるようになりました。

しかし、慣れた病室や病棟には居られずに、あちこち移動しているのです。

昨日は一泊だけでした。

今は七階から二階に移りました。

あと何回移動するのかなあ…。

楽しみです。
[PR]

by m1n0t5r3 | 2014-11-21 17:05 | 骨髄移植

14/11/03 舞い戻って

10月31日、昼に37.4℃あったので予約外でしたが受診をお願いしました。

CTやレントゲン撮影、心電図測定、採血、再尿などの結果、またもや入院する羽目になってしまいました。

肺炎の症状が改善されず、背中や股関節辺りに痛みがあったのです。

前回は20日余りでしたが、今度はどれくらいになるのかなぁ、とため息をついています。

今回はリハビリも付くようです。
[PR]

by m1n0t5r3 | 2014-11-03 12:51 | 骨髄移植

14/10/23 退院しました。

今回の入院は22日でした。

外来で受診し、その場で緊急入院。

細菌性の肺炎をおこしているとの判断。

抗生剤を点滴投与し、改善を図りました。

幸いに、抗生剤を止めても肺炎の兆しがなくなったので退院しました。

しかし、持ち帰ったものもあります。

ステロイド剤の糖尿病気味なので、インスリンを注射することになりました。

血糖値の測定セットやインスリン注射セット、消毒綿、針入れボックスなど、山のようなものがテーブルに載っています。

血糖値の測定は、食事の前後。インスリン注射は食事直前にそれぞれ、測定と投与をしています。

インスリン注射の針はかなり細いので痛点に当たってもあまり痛みはありません。

測定や注射の手技にも随分慣れてきました。
[PR]

by m1n0t5r3 | 2014-10-23 16:14 | 骨髄移植

14/10/18 インスリン注射

ステロイド剤を大量投与したせいで、思いもよらない副産物が病気となって現れた。

血糖値が通常の範囲よりもいつの間にか高くなってしまっていたのである。

ステロイド剤の副作用にはいろんなことがあるが、まさか糖尿病になるとは思いもしませんでした。

薬によるものなので、薬が無くなったら元に戻ると思います。

測定値が200を超えることもあるので入院する前までは、血糖値の上昇を緩やかにする錠剤を服用していました。

しかし、なかなか改善傾向に向かない結果、インスリン注射を投与することになってしまいました。

しかも自己注射をするのです。血糖値を測り、その値によりインスリンを何単位か投与するのです。

自分で自分のおなかに注射をするのです。初めは抵抗がありました。

でも最近は少しずつその手技にも慣れてきました。

こんなことに慣れたくはないのですが、高血糖による様々なリスクを回避するので背に腹はかえられません。
[PR]

by m1n0t5r3 | 2014-10-18 02:10 | 骨髄移植

14/10/09 緊急入院

生身の体なので、いろんな経験をさせてもらっています。

先週の定期診察の日でした。診察日の二、三日前から微熱と咳が続いていました。熱は午後には36℃台に戻るので様子をみていました。

しかし、その日は朝から37.8℃あり、やっとこさっとこ病院へ。

再来受付をし、血液内科の外来に直行しました。処置室で休ませてもらいました。

通常の採血や再尿も処置室でしてもらい、途中主治医の簡単に診察があり、CTやレントゲン撮影、心電図検査をして再び診察をしました。

そして受けた告知は「細菌性の肺炎」の疑いで緊急入院することになりました。

入院の準備もしないで来院したので、患者本人が驚いてしまいました。

そんなわけで、またまた入院。

抗菌剤が効いてくれているようで、少しずつ影は薄くなってきています。

しかし、ステロイド剤による血糖値の上昇により、感染予防からインスリンを注射することになりそうです。
[PR]

by m1n0t5r3 | 2014-10-09 20:10 | 骨髄移植

14/09/22 足の浮腫み

先週の中ごろから急に足の浮腫みが引けてきました。
a0156526_1465754.jpg

これが以前の状態です。

そして最近の足がこの状態。
a0156526_149321.jpg


シワが出てきたり、踝も判るようになってきたりしています。

なかなか捨てたものじゃないですね、我が体も。
[PR]

by m1n0t5r3 | 2014-09-22 14:03 | 骨髄移植

14/09/11 定期診察は大混雑

GVHD由来による肺炎による入院をし、6月半ばに退院後は週一回のペースで点検に病院に通っています。

足の浮腫みで足首から先が返らない状態なので車の運転ができません。病院へは娘に送ってもらいました。

水曜日の大学病院はとにかく混雑しています。特に採血室は8時から9時くらいに受付すると100人以上の待ちになります。

もう慣れっこになったので気長に待つそんなときは、北7階のロビーで採血までの時間を過ごすことにしています。入院中にお世話になった看護師さんたちが声をかけてくれます。

採血が終わっても結果が出るまでにまた一時間くらい掛かるので、時間を潰さなくてはなりません。今回は休職中で無休の身なので市民税や県民税は給与からの引き落としはできません。そのため院内のコンビニで支払いをしました。

診察は予定よりも少し遅くなりましたがスムーズにしてもらえました。

血算値も基準値に収まりつつあり、CRPの値も下がってきました。主治医にいろいろ現状を話すのですが「GVHD由来のものでしょう。」とさりげなくかわされます。初発の時から10年近くずっとお世話になっているので阿吽の呼吸というか、そんな感じで次回の予約を入れてもらいました。

快復傾向にあるのは自分の体もまだまだ捨てたものではないと実感できた日でした。

会計から投薬まで時間が掛かるので、院内にある「レストラン水芭蕉」で野菜たっぷりのタンメンを食べました。ほとんど満席でした。

院内を車イスで移動していると、お世話になった看護師さんによく出会います。昨日も緩和ケアチームのTさん、入退院センターのSさんに会いました。近況を話すだけですが、少しホッとする時間をもらえます。



[PR]

by m1n0t5r3 | 2014-09-11 11:13 | 骨髄移植

14/09/08 最近の体の状態

だいぶブログを更新しませんでした。

定期的(週に一度)診察には通えていますので、ご安心ください。(笑)誰に言って居るんだろう。003.gif

血算値もまあまあのところで安定しています。いわゆる三種類(ヘモグロビン量、白血球数、血小板数)の値はほぼ基準値内に収まっています。

しかし、γーGTPは相変わらずGVHDの影響か3桁の数値です。主治医はあまり気にしていない状態なので、患者も心配していません。005.gif

最近は季節の変わり目で少し空咳が出ています。娘がかなり心配してくれていて、また入院するのか?と妻に話しているようです。

一番気になっているのは、象の足のようになっている足首から先の浮腫みのことです。特にひどいのが右足で爪先が足首の方へ帰ってこない状態が続いています。ふくらはぎの筋肉がほとんど薬のせいでなくなってしまっているので、筋肉がポンプの役目をしていないので仕方のないことなのですが…。

ステロイド剤の影響なのですが、まだまだ投薬の量が減らないのでしばらくはこの状態が続くでしょう。車の運転もできません。体がムズムズしています。車好きには厳しい状態ですね。031.gif

それでも昨日は群馬県の東毛広域幹線道路が8月31日に高崎駅東口から館林藤岡インターまで全線開通したので妻の運転でひとっ走りしてきました。あっという間に館林に着いてしまいました。高速道路を使わなくても随分便利になりました。

渡良瀬遊水池や県立館林美術館にも気軽に行けそうです。058.gif

[PR]

by m1n0t5r3 | 2014-09-08 10:39 | 骨髄移植