12/12/31 2012年回顧

大晦日になりました。一年を振り返ると、さまざまなことがありました。

前年度リンパ腫のために3月まで休暇をもらっていましたが、なんとか4月から職場に復帰しました。

しかし、その頃定期診察やマルクの結果から、新たな病気が告知されました。

復帰したばかりだったので、こんなことってあるの?と二度目の「青天の霹靂」でした。

告げられた病名は『骨髄異形成症候群』という、血液を造り出す工場がちゃんと機能しなくなる病気です。

いろんなタイプがあるようですが、マントルの場合、「白血球」が造り出せない状態でした。

その後も様子をみたのですが、改善しないまま、8月半ばから入院生活を送ることになってしまいました。

今回の入院治療は、抗がん剤の投与だけではありません。血液の工場がいかれてしまっているので、それを治さなくてはならないのです。

そのため「骨髄移植」をすることになりました。他人の末梢血や骨髄を入れて、新たに血液工場を再生することになったのでした。

誰の骨髄でも良いのではなく、血液型は違っても、白血球を構成している『HLA』が一致していないと移植はできないのです。

幸い、近親の型が一致したので幸運でした。中には一致しないで移植を諦める患者さんも居ると聞きました。

9月半ば、抗がん剤治療で白血球を0(ゼロ)にして、無事に骨髄移植が済みました。

移植する期間中は無菌室に入り、その後も準無菌室や個室を移動しながら、今は大部屋です。

移植や治療後の副作用はいろんなことが起こりました。嘔吐や脱毛は言うまでもありません。中でも大変なのが移植片対宿主病(GVHD)というドナーと元の血液が戦うことで起こる下痢や発疹、サイトメガロウィルスという常在菌のイタズラなどでした。

抗生剤などの投与でその都度難関を切り抜けて今現在、安定して回復に向いているのを実感しています。

ここまでこぎつけられたのも、たくさんの人の支えがあったからこそと感謝しています。

来年はその支えをバネにして、社会復帰を目指します。
[PR]

by m1n0t5r3 | 2012-12-31 09:06 | 骨髄移植

12/12/30 越年?

先日、移植から百日が経ちました。

最近は食事も毎食完食しているんです。しかし、一度減った筋肉はなかなか元に戻らない状態が続いています。

そんな中でも、必死にリハビリテーションに励んでは居るものの、まだまだ立ち上がるのにも一苦労です。

屈伸運動でもしようものなら、人手を借りなければ立ち上がれないでしょう。

内服薬が増えたとはいえ、カテーテル保持のために、四六時中点滴が繋がっています。

そんな訳で、今回年末年始は病院で寝正月をすることに決めました。

今までしっかり、じっくり治療してきて、良い方向に向いているのを無駄にはしたくありません。

まぁ、こんな機会は余りないと思いますが、病院の年越しを経験したいと思っています。
[PR]

by m1n0t5r3 | 2012-12-30 09:41 | 骨髄移植

12/12/26 点滴は減ってきたけれど

ここにきて点滴の種類と量がかなり減ってきています。

点滴が減るのは回復の状況を物語っているのだと勝手に自分で思っています。

逆に増えてきたものもたくさん有ります。

まずは血算値。白血球などはちゃんと基準値内に入っています。

なんと言っても増えたのは、内服薬の数です。
a0156526_9285894.jpg


その数、八種類。錠剤、細粒、シロップ。

今後、点滴が減るたびに、内服薬が増えていくようです。

最終的には何種類の内服薬を飲むようになるんだろう。
[PR]

by m1n0t5r3 | 2012-12-26 09:19 | 骨髄移植

12/12/24 クリスマスプレゼント

まだまだ点滴がたくさん繋がっています。

そのなかに「免疫抑制剤」の点滴が有ります。

抗がん剤の副作用で免疫はかなり下がっているはずなのに、どうして更に免疫抑制しなくてはならないのか?ずっと疑問に思っていました。




振替休日、しかもクリスマスイブの日でも主治医が様子を見に来てくれました。

そこで思いきって聞いてみました。



主治医からは、こんな返事が有りました。

「この免疫抑制剤は、その効力を与えるのはドナーの免疫を抑制することを想定しています。ドナーの骨髄が優位にたつと、どうしてもGVHD(移植片対宿主病)が起こり易くなるので、本人の免疫も抑制しますが、GVHDが発症しないようにしているんです。正に両刃の剣状態をうまく保っていくようにしているんですね。時間経過と共にそれぞれがうまく共存し落ち着くようにはなりますよ。年齢などに差はありますがね・・・。」ということでした。



ちょっとスッキリしました。


点滴の量など微妙な匙加減が必要だ、とも話してくれました。


なんだか、ちょっとしたプレゼントに聞こえました。
[PR]

by m1n0t5r3 | 2012-12-24 11:50 | 骨髄移植

12/12/17 Day-0(ゼロ)~

医学用語?なのか分かりませんが、骨髄移植をした日、自己血でもドナーからの血液でも、移植した当日のことを「Day-0」(デイ-ゼロ)と呼んでいます。この病院だけかも知れませんが…?

そのDay-0から数えて今日がちょうど90日、三ヶ月になりました。

振り返ってみると、なんだかあっという間に過ぎてきたような気がしています。

無菌室、準無菌室、個室、大部屋と病院にある部屋を渡り歩き、いろんな症状が発現したことがつい先日のことのようです。

今は、食事もちゃんと摂ることができ、回復の兆しもみえてきています。

このまま上向き、右肩上がりでいけばいいなぁ。と毎日思っています。035.gif029.gif
[PR]

by m1n0t5r3 | 2012-12-17 08:31 | 骨髄移植

12/12/16 最近の様子

随分体調も回復しつつあります。

食事もほとんど完食できるようになっているし、おなかの張りもなくなって、便も下痢状態を脱し普通になってきています。

足首付近のむくみは相変わらずなかなかひけてきませんが、栄養の吸収が良くなれば、むくみもとれるでしょう。

その他の変化としては、抗がん剤の影響と思われる症状として、皮膚の黒ずみや爪の生えかわりなどがみられます。

まあまあ、順調に回復傾向に向かっているのかなっていう感じです。

年末年始に外泊でもできたらいいですねぇ。
[PR]

by m1n0t5r3 | 2012-12-16 09:22 | 骨髄移植

12/12/12 初めての経験

巷では衆議院議員選挙の真っ只中。海外では、北朝鮮がミサイル打ち上げ成功何て言ってます。

病院内はなにか他人ごとのように、一日一日が過ぎています。

しかし、日本国民の義務のひとつに選挙への参加(投票)があります。

入院中の私たちもその義務は果たさなくてはなりません。

入院患者の不在者投票が病院内でできるようになっています。

今日がその不在者投票日でした。

歩ける患者は五階の食堂で、歩けない患者はベッドサイドまで係員が来てくれます。

マントルは歩けるので投票会場まで足を運びました。

小選挙区、比例区の投票と最高裁裁判官の審査をしてきました。

一応、義務を果たしてきました。

あとは16日の結果を待つだけです。



皆さん、ちゃんと投票して国民の義務を果たしましょう。
[PR]

by m1n0t5r3 | 2012-12-12 15:03 | 日常

12/12/10 最近は…。

ここのところ、体調も随分上向きになってきています。

食事も八割~完食できるようになっているし、点滴を転がしながらも病棟内をかなり動き回ることができるようになってきました。

気になっているのは、脛から下のむくみだけです。

このむくみがなんとかなればなぁ~と…。

点滴も少しずつ減るのだと思っています。

そうすれば、かなり今後の見通しも今日の天気のように、明るくなってくると思っています。003.gif
[PR]

by m1n0t5r3 | 2012-12-10 09:06 | 骨髄移植

12/12/04 四字熟語

今のところの回復状況はなかなかはかばかしくないのが、正直なところです。

良いときもあれば不調なときも有ります。

まさに「一進一退」の状態が続いています。

しかし、いつまでもこんな状態が続くことはないと思います。

少しずつ前進したいものです。

せめて「二進一退」「三進一退」くらいにしたいものです。
[PR]

by m1n0t5r3 | 2012-12-04 16:17 | 骨髄移植

12/12/02 見渡すと…。

病院の7階から見える景色は体調が良いとまた格別です。

上毛三山と呼ばれる、
赤城山
a0156526_10372726.jpg

榛名山
a0156526_10381451.jpg

妙義山
a0156526_1039160.jpg


他に浅間山
a0156526_10391374.jpg

西上州の山々
a0156526_10405449.jpg

上越国境の山々
a0156526_10425647.jpg


和みます。
[PR]

by m1n0t5r3 | 2012-12-02 10:32 | 日常