13/02/26 退院しました。

潜血の数値も下がって、目視する限りでは血尿もないので、退院許可が出ました。

家に帰ってはみたものの、なかなか家の環境に馴染めないでいる自分がいます。

寒さもあります。ストーブで部屋を暖めても病室とは違うんですね。

体も思うように動かない自分がもどかしくもあります。

早く体が慣れてくれればよいのですが・・・。
[PR]

by m1n0t5r3 | 2013-02-26 15:39 | 骨髄移植

13/02/22 移動しました。

割増料金のかかった個室から大部屋に移りました。

医師や看護師のスタッフルームからは一番遠い病室です。

北側の病室、おまけに窓際なので寝ながらにして、赤城山がよく見えます。



尿の色も目視する限りでは、血は混じっていないようです。検体も採ったので、それには潜血反応もあると思います。

もう少し入院生活が続くかな?
[PR]

by m1n0t5r3 | 2013-02-22 17:24 | 骨髄移植

13/02/21 抜けました。

膀胱の灌流を止めてから二日経ちました。

尿道カテーテルの尿の色が淡黄色になってきました。

午前中に泌尿器科外来に呼ばれ、車イスで診察をしに外来棟三階へ。

暫く待っていると医師から診察室に入るように言われ、入るなり「横になってください。」カテーテル内の尿の色を見て、あっという間にカテーテルを抜き取ってくれました。

医師からは、今後もこのような症状はあるとのことでした。早く免疫力が上がって、ウイルスを攻撃してくれるようになれば、ともおっしゃっていました。

あっという間に診察は終了。病棟までの帰りは、迎えを待てずに車イスを転がして戻りました。

血液内科の主治医は、少しずつ免疫抑制剤を減らしてくれています。ウイルスに自分の免疫力で立ち向かうことができるようになれるとよいのですが・・・。
[PR]

by m1n0t5r3 | 2013-02-21 15:19 | 骨髄移植

13/02/18 膀胱の内視鏡検査

再度入院四日目。今日は泌尿器科の外来に行って来ました。

初めは膀胱洗浄をするだけかと思っていたら、内視鏡検査をすることにいつの間にかなっていました。

下履きを脱ぎ、特殊な椅子に座らされます。

医師はカーテンで仕切られた向こう側で内視鏡を入れます。挿入時の痛みはもう慣れっこになってしまいました。

膀胱内を見せてくれます。意外に膀胱内はきれいでコアグラ(血液のカス)は殆ど確認できませんでした。

しかし、膀胱の内壁には炎症が散見でき、その炎症が治まらないと血尿は続くと医師から告げられました。


今回の血尿はちょっと頑固です。
[PR]

by m1n0t5r3 | 2013-02-18 20:00 | 骨髄移植

13/02/17 またまた

緊急入院でした。

また血尿がひどくなり、相棒に送ってもらいました。外来受診し、即入院。

大部屋に空きがなくて、特別室に仕方なく入りました。割増料金がかかりますが、深夜に灌流(膀胱洗浄)することもあるので、個室で良かったかもしれません。

前回の血尿の時よりも、出血がなかなか止まらずコアグラ(血液のカス)が溜まり安い状態が続いています。

泌尿器科の先生も様子を見に来てくれます。「暫くの辛抱ですかね。」「少しは動くように」など言われました。

確かに寝ているだけでは出血が淀み、カスができやすくなってしまうようです。

前回よりちょっとだけ時間が係りそうです。

まぁ、のんびり病気と付き合っていきます。
[PR]

by m1n0t5r3 | 2013-02-17 10:34 | 骨髄移植

13/02/15 いろんなことが起こります。

移植は上手くいっているようなのですが、体の方はなかなか完璧になりません。

昨日(2/14)は入院中に行った大腸内視鏡検査で、新たな病気が見つかりそのエキスパートの医師のいる高崎のM病院に行きました。

病名は「カロチノイド」です。直腸に見つかったのでした。カロチノイドは、ドイツ語でカロチ=癌、ノイド=のようなものという意味らしいです。

最近ではエコノミストの金子哲雄さんが肺のカロチノイドで亡くなっています。

昨日も大腸内視鏡検査をしてもらいました。一昨日から検査食を食べ、昨日は朝昼と禁食でした。緩下剤を飲み腸を空っぽにして病院に行きました。検査は睡眠剤を点滴で入れてもらったので、痛みも感じなくあっという間に終わりました。

担当のW医師からは、「5mm程度ですね。よく見つかりましたよね。」という話。進行はゆっくりなので今のところの体の状態では特に血小板が少ないので手術に適した値になるまで待つような感じの答えでした。



そして、今日は朝までは特に変わったことはなかったことはなかったのですが、血尿が出ています。ワカメのような血のカスも時折混じっています。

つまらなければよいのですが、また入院になるのかなぁ?少し心配です。
[PR]

by m1n0t5r3 | 2013-02-15 12:09 | 骨髄移植

13/02/13 外来受診

一週間前も雪でした。朝方には雪もやんでいて、道路に雪はなく車もスムーズに流れ病院に到着。水曜日なので相変わらずの混みようです。

採血の順番も199番。いつものように北7階でしばらく時間つぶし。看護師さんと話したり患者さんと話しながら。

採血はベテランのFさんではなかったのですが、痛みもなくあっという間に採ってくれました。

採血から診察まではまた一時間ほど係るので定位置に移動。入院中にお世話になった主治医のN先生が最近の様子を聞きに来てくれました。ありがたいことです。味覚のことやだるさのことを話しました。

外来に行くとすぐに診察室に呼ばれました。尿検査は若干潜血反応があるようでした。




血算値はというと、薬の影響があって白血球と血小板が少なくなっていました。味覚について聞くと「多くの方が異常を訴えていますよ。」「味付けも変わったりするようです。」そして「完全には治らないかもしれませんね。」と言われてしまいました。

今はとにかく「濃い」味がなじめません。




革の靴も作り始めました。
[PR]

by m1n0t5r3 | 2013-02-13 14:32 | 骨髄移植

13/02/08 ちょっと変?

退院してから変なのです。何かって言うと「味覚」です。

長期の入院生活のためなのか、はたまた薬の副作用なのか病気が起因しているのか分かりませんが、とにかく入院前の味覚とは明らかに違う味覚が今口の中を席巻しています。

あれほど大好きなカレーライスやラーメンを食べても美味しいと感じられないのです。舌が拒絶反応を起こしているのではないかと思うくらいです。

濃い味がだめのようです。薄い味ならまだ良いのですが…。

来週、また外来診察があるので主治医に聞いてみようと思っています。併せて手足の末梢の痺れもなかなか収まらないので併せてそれも聞いてこようと思っています。

まあ、移植はいろんなことを経験させてくれます。
[PR]

by m1n0t5r3 | 2013-02-08 22:27 | 骨髄移植

13/02/03 退院しました。

一週間の入院生活でした。昨日退院しました。

血尿も四六時中の止血点滴などのおかげで出なくなりました。



「やっぱり家はいいな。」と感じます。何となく落ち着きます。でも疲れます。横になっていることがほとんどなく、趣味の革細工なども早速始めてしまい、なかなか体が休められない感じがします。


帰っても血尿が出ないかいつも心配です。実は今朝も少しピンク色してました。おまけに午前中の排尿では血液の固まりのかすが出てきたりもしました。


そんなわけで、退院はしたもののまたいつ再入院するのか不安だらけです。


一応次回の外来は、水曜日(2/6)です。たぶん尿検査と血液検査とダブル検査になるでしょう。
[PR]

by m1n0t5r3 | 2013-02-03 22:59 | 骨髄移植