13/08/23 感動

夏の甲子園が地元、群馬代表の前橋育英の優勝で幕を閉じました。

県勢としては14年振りの優勝でした。

数々の緊迫した好ゲームが続き、溌剌としたプレーに元気と感動をたくさんもらいました。

そんな中、一番感動したのは9回表育英の攻撃のときに起きた出来事です。

バッターのファウルチップが延岡のキャッチャーの右腕に当たったのです。

キャッチャーが痛みに苦悶の表情を浮かべているところに、真っ先に駆けつけ、コールドスプレーをかけていたのは、育英の一塁ランナーコーチでした。

敵味方なく、こんなことができたのは、日ごろからの指導の賜物ではないでしょうか。

真剣なプレーに感動するのは当たり前のことですが…。
[PR]

by m1n0t5r3 | 2013-08-23 14:26 | 日常

13/08/20 色いろいろ

a0156526_152750100.jpg

最近の作品はランドセルたちです。

靴の次はこんなのを作っています。

定番の赤と黒だけでなく、いろんな色のランドセルになっています。

本物を作って欲しいという要望もあるのですが、果たして六年間使えるものが作れるかどうか?
[PR]

by m1n0t5r3 | 2013-08-20 15:27 | 革細工

13/08/06 「血液の工場が壊れた」

マントル細胞リンパ腫奮闘記を発刊して以来、久しぶりに闘病記をまとめました。


今回は骨髄異形成症候群とHLA検査、造血幹細胞移植についてだけ書き留めてみました。

a0156526_8462646.jpg



入院生活だけではなく、告知から退院までを110余ページにまとめました。


題名は衝撃的かもしれませんが、患者の本音です。


印刷製本ともすべて自作です。(プチ自慢)
[PR]

by m1n0t5r3 | 2013-08-06 08:49 | 骨髄移植

13/08/06 ポリープの切除

久しぶりの更新です。


日曜日の夕方、久々に血尿が出ました。それほどの量ではなかったので救急外来のお世話にはなりませんでした。

そして昨日、前々から予定されていた泌尿器外来を受診しました。先日高崎の病院で撮影したCTのデータを持って。

採血と採尿から診察まで2時間近く待たされました。

いざ診察。データを見ながら、膀胱内視鏡検査をして確認しましょうということに。

検査はズボンやパンツを脱いで検査台に座ります。尿道を麻酔して検査しました。きれいなピンク色の膀胱の一部が盛り上がっているのが確認できました。その周囲には血がにじんでいるようにも見えました。多分ここが血尿の元なのかと思いました。

検査後すぐに担当医との話し合いになりました。「良性にせよ、悪性にせよ切除した方がいいですね。」という話にはすぐに同意した。

切除することで血尿が治まるのならばそれも良しと考えました。

9月の第2週に入院して切除手術をすることになりました。4~5日の入院で済むようです。移植に比べたらたいした期間ではありません。




移植によっていろいろ新たな病気をもらっています。合併症は仕方のないことと半分は諦めていますが…。
[PR]

by m1n0t5r3 | 2013-08-06 08:43 | 骨髄移植