14/04/29 実は・・・。

3月半ばから、空咳がでていました。居間から廊下に出たときなどが多かったです。寒冷によるものかと思っていました。

PET検査ではリンパ腫やMDSの再発所見はなかったのです。

しかし、肺にすりガラス模様陰影が見つかりました。外来の翌日に入院となりました。

早目の治療を開始するためだったような感じでした。

入院して、初めて気管支内視鏡検査を受けました。いろいろ経験させてくれます。

肺の細胞組織も採取して検査をしました。細胞診の結果は陰性。

医師団はGVHDに由来するものと判断して、ステロイド剤の増量、抗生剤の投与が始まりました。

GVHDに対しては、消化器や肝臓などの炎症は意外に早く回復するようですが、肺のGVHDは注意していかないと危ないようなので、大事をとって静養入院になったのです。

おかげで入院してからは、食欲も出て、レントゲン撮影の経過観察では少しずつ陰影も薄くなっているようです。

今後は、ステロイド剤減量にかかってきます。ステロイド剤を使っていると免疫抑制が激しく、感染しやすい体になります。

医師団の腕の見せどころを期待しています。
[PR]

by m1n0t5r3 | 2014-04-29 15:04 | 骨髄移植

14/04/16 可能性

今日も定期検診でした。

先週指摘された肺の「すりガラス模様陰影」

レントゲン撮影を今日もしました。

薬を増やしたり、増量したのですが、あまり改善されていませんでした。

入院の可能性もあるようです。
[PR]

by m1n0t5r3 | 2014-04-16 20:56 | 骨髄移植

14/04/09 少し心配が

先週、PET検査の結果を聞きに病院へ。

採血待ちは相変わらずでした。

その時間を使って、北7階のロビーでしばらく休息。先日誕生日だった看護師さんにランドセルを渡してきました。

麻酔科外来では、痺れがあまり改善の方向に向いていないので、一区切りつけることにしました。

血液内科の診察では、少しCRP(炎症反応)が高いと言われました。白血球の数値も高く、明らかに体の中に異状がおきています。

様子をみましょう、って診察が終わりになりそうでした。

PET検査の結果を聞きに来たのに・・・・・?

あわてて画像を検証です。読影結果からは、リンパ腫の集積は有りませんでした。

ほっとしたのも束の間、肺にすりガラス模様のものが映っていました。

そこから、二度目の採血とレントゲン撮影が待っていました。

ふたたび診察を受けました。モヤモヤ状の影がありました。少し肺炎をおこしかけているようです。

また、薬が増えました。
[PR]

by m1n0t5r3 | 2014-04-09 16:29 | 骨髄移植