14/05/30 抜歯しました。

移植後の体は、いろんなことが起こっています。今回は肺に炎症が生じ、その炎症を取り除く治療が行われました。

ステロイド剤の投与が主でしたが、このステロイド剤がいろんな副作用を引き起こしてくれるのです。

その中の一つに骨が脆くなる、所謂骨粗鬆症になりやすくなるのだそうだ。

予防薬があるけれど、それを服用・投与すると、顎骨炎になることもあるという、患者にとっては痛し痒し。

そこで予防薬を使うことを前提に、口腔ケアをすることに。むし歯の治療や抜歯です。

抜歯は小さかった頃の歯茎への麻酔注射の痛さがトラウマになっていて、30年以上抜歯したことがありませんでした。恥ずかしながら。

左上の8番、親知らずを抜くことになりました。

あの痛さが脳裏をよぎりましたが、麻酔注射は殆んど痛みも無く、抜歯もスンナリ。

思っていたよりも小さな歯が抜けました。
a0156526_5441347.jpg


記念に貰っておきました。
[PR]

by m1n0t5r3 | 2014-05-30 05:20 | 骨髄移植

14/05/21 ホッとすること

入院生活を送っていると、検査などがないと単調な毎日を過ごすようになってしまいがちです。

今のところ病院内管理下にある身なので、外出や外泊はできませんね。

24日に開催のフォーラム発表も残念ながら断念せざるを得ません。

それでも、日記を書いたり移植の第二巻を書いたりしています。

一日中、書いている訳にもいかずボーッとしていることのほうが多いかもしれません。

そんなとき、ふっとこんな患者の顔を身に来てくれる人達がいます。

知り合いの看護師や歯科衛生士さんがほんの僅かな時間でも様子を窺いに来てくれるのです。

そこで交わす会話はたわいもないこともありますが、患者にとっては単調な生活の中で、とても有り難いものです。

患者の愚痴を聞いてもらえるだけで良いのです。少しばかり気にかけてもらえるだけで・・・・・。

こんな風な出会いができるのも、10年近く前からお世話になっている賜物だと思っています。(笑)
[PR]

by m1n0t5r3 | 2014-05-21 20:34 | 骨髄移植

14/05/08 入院継続中

退屈な毎日を過ごしています。

朝は病室のカーテンを開けると「裾野はながし赤城山」がドーンと目に飛び込んできます。
a0156526_8565737.jpg


抗生剤などの点滴は3日間くらいでなくなったので、体は身軽になっています。

シャワーも毎日浴び、清潔を保っているところです。

治療はと炎症を抑える内服薬だけです。

レントゲン撮影や採血など検査もありますが、週に一、二度しかありません。

少しずつ筋力トレーニングを始めました。ステロイド剤の影響で入院前よりもまた痩せました。

退屈してます。

夕方には、榛名山系に沈もうとしている夕陽が黄金のようになっています。
a0156526_97513.jpg

[PR]

by m1n0t5r3 | 2014-05-08 08:52 | 骨髄移植