14/09/11 定期診察は大混雑

GVHD由来による肺炎による入院をし、6月半ばに退院後は週一回のペースで点検に病院に通っています。

足の浮腫みで足首から先が返らない状態なので車の運転ができません。病院へは娘に送ってもらいました。

水曜日の大学病院はとにかく混雑しています。特に採血室は8時から9時くらいに受付すると100人以上の待ちになります。

もう慣れっこになったので気長に待つそんなときは、北7階のロビーで採血までの時間を過ごすことにしています。入院中にお世話になった看護師さんたちが声をかけてくれます。

採血が終わっても結果が出るまでにまた一時間くらい掛かるので、時間を潰さなくてはなりません。今回は休職中で無休の身なので市民税や県民税は給与からの引き落としはできません。そのため院内のコンビニで支払いをしました。

診察は予定よりも少し遅くなりましたがスムーズにしてもらえました。

血算値も基準値に収まりつつあり、CRPの値も下がってきました。主治医にいろいろ現状を話すのですが「GVHD由来のものでしょう。」とさりげなくかわされます。初発の時から10年近くずっとお世話になっているので阿吽の呼吸というか、そんな感じで次回の予約を入れてもらいました。

快復傾向にあるのは自分の体もまだまだ捨てたものではないと実感できた日でした。

会計から投薬まで時間が掛かるので、院内にある「レストラン水芭蕉」で野菜たっぷりのタンメンを食べました。ほとんど満席でした。

院内を車イスで移動していると、お世話になった看護師さんによく出会います。昨日も緩和ケアチームのTさん、入退院センターのSさんに会いました。近況を話すだけですが、少しホッとする時間をもらえます。



[PR]

# by m1n0t5r3 | 2014-09-11 11:13 | 骨髄移植

14/09/08 最近の体の状態

だいぶブログを更新しませんでした。

定期的(週に一度)診察には通えていますので、ご安心ください。(笑)誰に言って居るんだろう。003.gif

血算値もまあまあのところで安定しています。いわゆる三種類(ヘモグロビン量、白血球数、血小板数)の値はほぼ基準値内に収まっています。

しかし、γーGTPは相変わらずGVHDの影響か3桁の数値です。主治医はあまり気にしていない状態なので、患者も心配していません。005.gif

最近は季節の変わり目で少し空咳が出ています。娘がかなり心配してくれていて、また入院するのか?と妻に話しているようです。

一番気になっているのは、象の足のようになっている足首から先の浮腫みのことです。特にひどいのが右足で爪先が足首の方へ帰ってこない状態が続いています。ふくらはぎの筋肉がほとんど薬のせいでなくなってしまっているので、筋肉がポンプの役目をしていないので仕方のないことなのですが…。

ステロイド剤の影響なのですが、まだまだ投薬の量が減らないのでしばらくはこの状態が続くでしょう。車の運転もできません。体がムズムズしています。車好きには厳しい状態ですね。031.gif

それでも昨日は群馬県の東毛広域幹線道路が8月31日に高崎駅東口から館林藤岡インターまで全線開通したので妻の運転でひとっ走りしてきました。あっという間に館林に着いてしまいました。高速道路を使わなくても随分便利になりました。

渡良瀬遊水池や県立館林美術館にも気軽に行けそうです。058.gif

[PR]

# by m1n0t5r3 | 2014-09-08 10:39 | 骨髄移植

14/08/18 ラガーおじさん

高校野球が甲子園で行われています。

群馬県代表は地元の健大高崎です。

一回戦、二回戦と機動力を発揮しかちあがっています。

ひょっとしたら、二年連続群馬県に優勝旗を持ち帰るような勢いを感じます。

そんな中、テレビ中継を見ていて、気になることがありました。

ネット裏に毎試合、まるで指定席のようにして座る黄色の帽子のおじさんの存在です。

いろんな情報によると、15年近く春夏毎試合みているとのこと。

そしてそのスタイルが毎試合変えているラガーシャツなのです。
a0156526_23161116.jpg

a0156526_23162466.jpg

a0156526_23161055.jpg

a0156526_2317749.jpg

a0156526_23172269.jpg

a0156526_23172711.jpg


雨の時は黒のポンチョ。
a0156526_23175054.jpg


野球よりも気になりだしてます。
[PR]

# by m1n0t5r3 | 2014-08-18 23:04 | 日常

14/07/28 高校野球

昨日、夏の風物詩とも言える甲子園出場をかけた群馬県大会の決勝戦が行われました。

三年ぶり二度目の出場をと意気込む健大高崎と初出場を目指す伊勢崎清明との白熱した決勝戦でした。

結果は1対0の僅差で健大高崎が甲子園出場を手にしました。

素人目には見事な投手戦だったような感じでした。清明の投手は健大高崎の機動力を見事に封じ込めていました。

バントヒットで上げた一点を三人の継投で、清明打線をノーヒットノーランに抑えたのもこれまた見事でした。

健大高崎の甲子園での活躍を期待したいものです。

二年連続、深紅の優勝旗を群馬県に持ち帰ってもらいたいものです。

ひたむきに白球を追う高校球児たちに元気をもらいました。
[PR]

# by m1n0t5r3 | 2014-07-28 09:15 | 日常

14/07/24 120人待ち

退院後の診察は毎週水曜日に行くことになっています。病棟で主治医だった医師が直接診てもらえます。

大学病院はたくさんの診療科が有るので、一日の受診患者もその数は半端ありません。昨日は二千人以上が受診予約でした。加えて初診の患者もいるので、二千五百は超えていたかもしれません。

採血室もご多分にもれず、多くの患者でごった返していました。

ボランティアさんに番号を確認してもらいました。120人待ちでした。今までで最高です。

こんなときはいつものように、北7階のロビーで時間を潰すことにしています。顔馴染みの看護師さんが声を掛けてくれるのが嬉しいものです。

採血後は順調に診察も終わりました。ステロイド剤も少しずつ減らしてもらっています。

筋肉減少に少しでも歯止めが掛かってくれれば良いのですが。

120人待ちに驚いて始まった診察でしたが、院内のレストランで食事をして14時過ぎには家に戻ることができました。

来週は主治医が夏期休暇らしいので、診察は2週間後になりました。

それにしても、待つだけでも疲れる病院通いでした。
[PR]

# by m1n0t5r3 | 2014-07-24 08:47 | 骨髄移植

14/07/15 象の足

薬の副作用による筋肉減少により、下腿の浮腫みがひどい状態が続いています。
a0156526_9121011.jpg


こんな足になっているのです。右も左も同じように腫れ上がっています。

昨日、予約外でしたが受診し、利尿剤を処方してもらってきました。

利尿剤なので、服用すると暫くの間は、トイレに行く回数が極端に増えます。

そのわりに足の強張りや浮腫みはなかなか引いてくれません。

主治医の言うには、筋肉が無いので仕方ない状況であるとのこと。

見た目はまるで象の足。履くことのできる履き物も限られてきます。

家の中では、足の裏が床にへばり付きます。

ペタペタ引き剥がしながら歩く生活が続いています。自分の足ではない感じです。

早く元に戻りたい。
[PR]

# by m1n0t5r3 | 2014-07-15 09:08 | 骨髄移植

14/07/03 還暦前の誕生日

59回目の誕生日を迎えることができました。

悪性リンパ腫を発症してから足掛け10年。

入退院を繰り返しながらもなんとか生き延びています。

血液のガンなので、寛解はするけれど完治まではなかなかいきません。もどかしさを感じる時が時々あります。

ここまでくると、仲良く病気と付き合っていくしかありません。

骨髄異形成症候群発症から、造血幹細胞移植までして600日以上経ちました。

二ヶ月前には、GVHD由来の肺炎も発症しましたが、今は家での生活ができています。

余分なことですけど、9月には二歳の誕生日を迎えるんです。

二つも誕生日が有るなんて、しかも若いんですよ。

まだまだ人生、楽しみまぁ~~~~~~~~~す。
[PR]

# by m1n0t5r3 | 2014-07-05 13:17 | 日常

14/0619 第2巻刊行

一昨年、骨髄異形成症候群を告知され、ドナーによる末梢血造血幹細胞移植をしました。

記憶に留めておきたいという気持ちで、悪性リンパ腫の時にも小冊子3冊にまとめました。

今回も同じように入院生活のことをまとめたのは、退院後直ぐにでした。

退院しても、あちこち体には異変が起き、入院や手術を余儀なくされました。

600日以上経ちましたが、また二ヶ月ほど入院しました。

入院中のことも含め、性懲りも無く第2巻を刊行しちゃいました。
a0156526_14374436.jpg

[PR]

# by m1n0t5r3 | 2014-06-19 14:27 | 骨髄移植

14/06/15 退院はしたけど…。

58日間の入院生活を終えて、13日に退院しました。

病院にいる間は、雨が多かったのですが退院になったら暑くなり、自宅での療養も大変です。

今回はステロイド剤を大量に使ったことでその薬の副作用により、筋肉が極端に落ちてしまい、骨と皮だけに。

そのため階段を上がるのも一苦労。手と足を使いながら2階に上がっています。

なんだか情けない自分がいます。焦らずやるしかないんだなぁ。
[PR]

# by m1n0t5r3 | 2014-06-15 17:42 | 骨髄移植

14/06/05 血糖値

入院生活も50日近くになりました。当初は1ヶ月くらいかなという予定でしたが、途中肺炎球菌の症状が発現し、その治療が長引き、今に至っています。

ステロイド剤も減るには減ってきているのですが、まだまだです。

その影響からか血糖値が200辺りをいったりきたりしています。

インスリン注射も初めまして打ちました。

血糖の吸収を緩かにする薬も内服しています。

退院するまでには、なんとか100台に落ち着かせたいと思っているのですが・・・・。

退院は一応来週末の予定です。
[PR]

# by m1n0t5r3 | 2014-06-05 17:49 | 骨髄移植

14/05/30 抜歯しました。

移植後の体は、いろんなことが起こっています。今回は肺に炎症が生じ、その炎症を取り除く治療が行われました。

ステロイド剤の投与が主でしたが、このステロイド剤がいろんな副作用を引き起こしてくれるのです。

その中の一つに骨が脆くなる、所謂骨粗鬆症になりやすくなるのだそうだ。

予防薬があるけれど、それを服用・投与すると、顎骨炎になることもあるという、患者にとっては痛し痒し。

そこで予防薬を使うことを前提に、口腔ケアをすることに。むし歯の治療や抜歯です。

抜歯は小さかった頃の歯茎への麻酔注射の痛さがトラウマになっていて、30年以上抜歯したことがありませんでした。恥ずかしながら。

左上の8番、親知らずを抜くことになりました。

あの痛さが脳裏をよぎりましたが、麻酔注射は殆んど痛みも無く、抜歯もスンナリ。

思っていたよりも小さな歯が抜けました。
a0156526_5441347.jpg


記念に貰っておきました。
[PR]

# by m1n0t5r3 | 2014-05-30 05:20 | 骨髄移植

14/05/21 ホッとすること

入院生活を送っていると、検査などがないと単調な毎日を過ごすようになってしまいがちです。

今のところ病院内管理下にある身なので、外出や外泊はできませんね。

24日に開催のフォーラム発表も残念ながら断念せざるを得ません。

それでも、日記を書いたり移植の第二巻を書いたりしています。

一日中、書いている訳にもいかずボーッとしていることのほうが多いかもしれません。

そんなとき、ふっとこんな患者の顔を身に来てくれる人達がいます。

知り合いの看護師や歯科衛生士さんがほんの僅かな時間でも様子を窺いに来てくれるのです。

そこで交わす会話はたわいもないこともありますが、患者にとっては単調な生活の中で、とても有り難いものです。

患者の愚痴を聞いてもらえるだけで良いのです。少しばかり気にかけてもらえるだけで・・・・・。

こんな風な出会いができるのも、10年近く前からお世話になっている賜物だと思っています。(笑)
[PR]

# by m1n0t5r3 | 2014-05-21 20:34 | 骨髄移植

14/05/08 入院継続中

退屈な毎日を過ごしています。

朝は病室のカーテンを開けると「裾野はながし赤城山」がドーンと目に飛び込んできます。
a0156526_8565737.jpg


抗生剤などの点滴は3日間くらいでなくなったので、体は身軽になっています。

シャワーも毎日浴び、清潔を保っているところです。

治療はと炎症を抑える内服薬だけです。

レントゲン撮影や採血など検査もありますが、週に一、二度しかありません。

少しずつ筋力トレーニングを始めました。ステロイド剤の影響で入院前よりもまた痩せました。

退屈してます。

夕方には、榛名山系に沈もうとしている夕陽が黄金のようになっています。
a0156526_97513.jpg

[PR]

# by m1n0t5r3 | 2014-05-08 08:52 | 骨髄移植

14/04/29 実は・・・。

3月半ばから、空咳がでていました。居間から廊下に出たときなどが多かったです。寒冷によるものかと思っていました。

PET検査ではリンパ腫やMDSの再発所見はなかったのです。

しかし、肺にすりガラス模様陰影が見つかりました。外来の翌日に入院となりました。

早目の治療を開始するためだったような感じでした。

入院して、初めて気管支内視鏡検査を受けました。いろいろ経験させてくれます。

肺の細胞組織も採取して検査をしました。細胞診の結果は陰性。

医師団はGVHDに由来するものと判断して、ステロイド剤の増量、抗生剤の投与が始まりました。

GVHDに対しては、消化器や肝臓などの炎症は意外に早く回復するようですが、肺のGVHDは注意していかないと危ないようなので、大事をとって静養入院になったのです。

おかげで入院してからは、食欲も出て、レントゲン撮影の経過観察では少しずつ陰影も薄くなっているようです。

今後は、ステロイド剤減量にかかってきます。ステロイド剤を使っていると免疫抑制が激しく、感染しやすい体になります。

医師団の腕の見せどころを期待しています。
[PR]

# by m1n0t5r3 | 2014-04-29 15:04 | 骨髄移植

14/04/16 可能性

今日も定期検診でした。

先週指摘された肺の「すりガラス模様陰影」

レントゲン撮影を今日もしました。

薬を増やしたり、増量したのですが、あまり改善されていませんでした。

入院の可能性もあるようです。
[PR]

# by m1n0t5r3 | 2014-04-16 20:56 | 骨髄移植

14/04/09 少し心配が

先週、PET検査の結果を聞きに病院へ。

採血待ちは相変わらずでした。

その時間を使って、北7階のロビーでしばらく休息。先日誕生日だった看護師さんにランドセルを渡してきました。

麻酔科外来では、痺れがあまり改善の方向に向いていないので、一区切りつけることにしました。

血液内科の診察では、少しCRP(炎症反応)が高いと言われました。白血球の数値も高く、明らかに体の中に異状がおきています。

様子をみましょう、って診察が終わりになりそうでした。

PET検査の結果を聞きに来たのに・・・・・?

あわてて画像を検証です。読影結果からは、リンパ腫の集積は有りませんでした。

ほっとしたのも束の間、肺にすりガラス模様のものが映っていました。

そこから、二度目の採血とレントゲン撮影が待っていました。

ふたたび診察を受けました。モヤモヤ状の影がありました。少し肺炎をおこしかけているようです。

また、薬が増えました。
[PR]

# by m1n0t5r3 | 2014-04-09 16:29 | 骨髄移植

14/03/26 まあまあかな?

水曜日、いつものように定期受診のために病院へ。


院内のコンビニで、久しぶりに会ったKさん。初発の時にお世話になった看護師さん。結婚したのに何故か旧姓で呼んでしまいました。

受診の結果はまあまあでした。

尿測値はマイナス状態が継続中。血算値もほぼ基準値内にありました。

でも足の痺れはなかなかひいてくれない。
[PR]

# by m1n0t5r3 | 2014-03-26 19:35 | 骨髄移植

14/03/12 昨日も今日も

二日続けて病院通いでした。

昨日は眼科、今日は麻酔科と血液内科。

眼科の外来はいつも長時間かかるのを覚悟して行かなくてはなりません。

しかし、今日は違っていました。予約時間の9時半前に到着。20分くらい待って最初の検査が終わり、第一診も20分後、第2診も同じようにスムーズに進みました。

左目の違和感を告げると、左目も涙腺プラグをすることになりました。


おかげで両目ともうるうると潤っています。


午前中に会計まで終わりました。こんなことは稀ですね。


そして今日は二つの科に受診しました。

麻酔科はいつもの担当医がインフルエンザに罹っていて、違う医師に診てもらいました。


血液内科は採血に80人待ちだったのを除くと、以外とスムーズに流れました。昼頃には終わりました。


潜血も-状態が続き、血算値もほとんどが基準値内に入っていました。γーGTPの値も少しずつ下がってきました。


あせらずじっくりと復活を待ちます。

[PR]

# by m1n0t5r3 | 2014-03-12 17:58 | 骨髄移植

14/02/27 麻酔科外来

昨日、水曜日は2週間振りの定期検診でした。

前回から麻酔科にもお世話になっています。


足首から先や指先などの末梢の痺れがなかなかとれないでいます。知り合いの麻酔科医に相談したところ、ペインクリニックが良いとのこと。

血液内科の主治医に院内紹介状を書いてもらい、麻酔科の受診が始まりました。



麻酔科の担当医は、入院中にお世話になったM先生でした。


M先生とは、医師と患者の関係だけでなく、仕事の繋がりもありました。


足首の痺れは正座をした後のそれが四六時中続いているのです。幸いにも寝られないことはありませんが、とにかく痺れが続いているのです。


痛風のような痛みのときもあります。


そんな愁訴を話したら、少しずつ薬を使ってみましょうということになりました。

薬名は「リリカ」。かわいらしい名前です。即効性はなく緩やかに効いてくるようです。


2週間経って、足首の強張りが少し緩和されたような気がします。


昨日の診察で、また少し薬の量を増やすことになりました。


気長に待ちます。
[PR]

# by m1n0t5r3 | 2014-02-27 08:51 | 骨髄移植

14/02/16 記録的

14日に降りだした雪は、群馬県の気象台観測史上最高の73cmを記録しました。


我が家でも生まれて初めての積雪をみました。

a0156526_22254196.jpg

こんな感じです。


おまけに屋外に停めて置いた車は雪に埋もれてしまいました。

a0156526_22265411.jpg



雪かきしましたが、疲れたので止めました。

それでも、家族や近所の人の力で幹線道路まで出られるような感じになりました。

しかし、国道や県道も除雪はあまり捗らず、放置自動車も多く、交通の妨げになっているようです。


明日は市内の学校は休校措置を取ったようですね。


早く流通が通常に戻って欲しいものです。


新聞は二日間配達されていません。
[PR]

# by m1n0t5r3 | 2014-02-16 22:23 | 日常

14/02/07 奇跡です。

移植による副作用からなのか、ドライアイになっています。


そのため角膜に傷がつき、ゴロゴロ感や痛みも有ったので眼科外来受診しています。もう4回くらいになります。


時には夜間外来受診したこともありました。


群大病院の眼科外来は時間が掛かります。一日の予約患者が200人を越え、一日掛かりは常態化しています。


入院中も、同じ病室の患者さんが受診したときは夕方になってからのこともありました。


診察の順序も、検査、第一診察、第二診察、第三診察となっているのも時間が掛かる原因かも?しれません。



そんな中、今日も時間が掛かるかもしれないと思っていたのですが、検査から診察が順調に進み、なんと正午ころには終わったのです。


正に奇跡のような出来事が起こったのです。


次回は一ヶ月後です。再び奇跡は起こるのでしょうか?
[PR]

# by m1n0t5r3 | 2014-02-07 22:12 | 骨髄移植

14/01/29 二日続けて病院通い。

2週間ぶりの血液外来受診。実は最近薬の副作用からなのか、ドライアイに苦しめられています。
涙をいつも貯めておくように、涙腺にプラグ(蓋)をしています。


しかし、ちょっとしたことでプラグが外れることもあります。


そうすると、眼球の表面にカスがたまりゴロゴロし始めるのです。痛みも伴います。


昨日眼科外来を受診して、外れたプラグを入れ直してもらいました。


頻繁に外れては困るので、ちょっと大きめのプラグを入れてもらいました。


そして今日はいつもの血液外来。数値的にも安定してきています。


このまま状態が続き、快方に向かってくれればと思っています。
[PR]

# by m1n0t5r3 | 2014-01-29 17:28 | 骨髄移植

14/01/16 半日病院に居た。

水曜日の受診は混雑から始まる。駐車場に車を置くにも時間がかかるし、採血をするにも時間がかかる。特に水曜日はそれがひどい。


採血は90人待ち。仕方なくいつものように北7階のロビーで時間を潰す。時折看護師さんが声をかけてくれるのがうれしい。患者の立場からすれば、あまり顔を合わせなくなったり、話をしたりする機会がなくなることが良いのだろうが…。



混雑の割には診察も正午過ぎに終わり、院内のレストランで食事をし、会計と投薬を待つことにした。会計は食事後すぐにできたのだが、投薬までにかなり時間がかかった。番号表示のボードには診察後約90分待ちの表示が出ていた。時計の針は午後2時を指していたが未だ自分の番号は表示されなかった。結局表示されたのは3時近かった。



血算値や尿測値はあまり変動はなく、ヘモグロビン量13万  白血球数6,900 血小板数20.9万でした。潜血反応もマイナスが続いています。プレドニンを減らしたので若干γーGTPの数値が上昇していました。


そこかからがまた長かったのである。一昨日から目に違和感があり、薬を受け取って帰ろうとしたらその違和感が痛みに変わってきていた。



ダメ元、予約外で眼科を受診することにした。群大病院の眼科はいつも混んでいるので定評がある。受付窓口に受診票を出すと、「予約外は11時までなのですが一応聞いてみます。」との返事。明日にしようかとも考えたが、診察を待つことにした。


型どおりに視力検査をした。やはり右目の視力が落ちていた。一度待合いに戻り診察を待つことにした。患者同士の会話が自然と耳に入ってくる。「8時からきているのだけれど。」とか「いったいいつになったら呼ばれるのだろうか」などと言う会話があちこちでされているのだった。



ようやく第一回目の診察が始まったのは5時近くになっていた。それでも待合いの患者数はあまり減ることはなかった。


診察の結果、角膜上に異物がくっついている状態と涙腺のプラグが片方外れているとのことだった。第二診察もすませ、プラグを入れることにした。


いつもなら処置室で行うのだが、今回は時間が遅かったためか診察室でプラグインをしてくれた。


処置が終わり会計票を受け取り会計窓口に行く。5時半を回っているので群大病院の場合は翌日以降の支払いとなるのでその手続きをして病院をあとにした。時計は8時を回っていた。


ほぼ半日病院にいたことになる。疲れた。
[PR]

# by m1n0t5r3 | 2014-01-16 08:47 | 骨髄移植

14/01/09 かなり待たされましたが・・・・。

骨髄移植の副産物?とでもいうのか、膀胱内にポリープが出来始めたのがおそらく一年前くらいだったでしょうか。


退院してから血尿のために三度の入院をしました。


ポリープが確認されたのは5月ころでした。そして切除手術をしたのが9月でした。



その後もいつまた血尿が出るのか、毎日心配しています。



GVHDなどよりも心配の種になっています。



切除手術をしてから3ヶ月おきに泌尿器科で定期受診しています。


今日も受診してきました。



異状なしでした。医師からはあんまり気にかけない方がいいですよ。と言われてしまいました。



次は4月に受診です。
[PR]

# by m1n0t5r3 | 2014-01-09 16:27 | 骨髄移植

14/01/08 新年あけました。

新しい年を自宅で迎えることができました。感謝です。



今日は新年初めての定期受診。初めての水曜日なので、駐車場、採血室や待合いもとんでもなく混み合っていました。



採血に時間がかかったので帰りも遅くなるのかなと思っていたらそれほどでもありませんでした。



尿測値は潜血反応はマイナス状態が続いています。血算値はヘモグロビン量12.1 白血球数7,100 血小板数15.5万という結果でした。今のところの訴えを主治医に話しましたが、聴診器による触診だけで終わりました。(笑)



訴えは、末梢の痺れ。これはかなり手強いようです。足の浮腫。こちらもなかなか治まらないようです。胃腸だけは丈夫で下痢や便秘もありません。


薬の量が減りました。プレドニンの量が5mgから4mgになりました。わずか1mgですが、ここが医師の腕の見せ所なのでしょう。


ほかの薬はそのままですが、少しずつ減ってくることを期待しています。



そうそう、お世話になった科に新年の挨拶もしてきました。
[PR]

# by m1n0t5r3 | 2014-01-08 17:36 | 骨髄移植

13/12/26 今年一番の混雑でした。

それぞれ測定値は、尿測値、潜血はマイナス。血算値も随分落ち着いてきました。


ヘモグロビン12.2 白血球8,900 血小板14.2万 でした。


手足のしびれは相変わらずなので主治医に話すと薬はあるのですが、効き目はそれぞれどのように現れるか分からないのでという返事だったので、今回は見合わせました。


会計や薬出しまで時間がかかったので、院内のレストランで昼食を摂り、患者支援センターでカウンセリングをしてもらいました。


カウンセリングといっても、こちらのとりとめのない話をするだけですが、ウンウンと頷きながら話を聞いてくれるだけで癒される時間です。


今年は自宅で年が越せそうです。家にいると寒さはことのほか厳しいです。大掃除など正月の準備をしなくてはなりません。


今年はおせちを作るようになるでしょう。


みなさん、良い年をお迎えください。
[PR]

# by m1n0t5r3 | 2013-12-26 10:52 | 骨髄移植

13/12/19 マイナスになっていた。

昨日はいつものように定期受診で病院へ行きました。


いつも書いているように採血は50人待ちの状態。定位置になっているくつろぎの場所(北7階ロビー)でしばらくの間時間を潰す。



ここのところ採血は一回で刺してもらえて助かっています。三重苦の身の上では採血はとても大変なのです。


血管が「硬い」「細い」「出ない(見えない)」の三重苦は抗ガン剤のせいだと思うのですが、何ともやりきれません。


それでも、診察で今日の測定値を知らされると少し安心しました。


尿測値の潜血反応は-(マイナス)になっていたし、血算値もヘモグロビン12.5万、白血球8,000、血小板17万。そのほかの測定値も、基準値から見ると「Low」や「High」も少なくなっていました。


少しずつ良くなっているのでしょう。まあ気長に待ちます。

…続きを読む
[PR]

# by m1n0t5r3 | 2013-12-19 10:42 | 骨髄移植

13/12/17 ビジネスバッグ

a0156526_16455665.jpg
a0156526_1642066.jpg
友人から制作依頼のあった鞄が完成しました。


革探し、型紙作り、革の切り出し、金具の取り付け、縫い、磨きなど一連の工程。約一ヶ月かかりました。


おかげで肩が凝ってしまいました。


でも、革細工をしていると病気のことが忘れられるのです。足のしびれなど気にならないのです。
a0156526_16424565.jpg
a0156526_16431310.jpg
a0156526_16434326.jpg

[PR]

# by m1n0t5r3 | 2013-12-17 16:46 | 革細工

13/12/04 少しずつ改善

水曜日、定期受診の日で病院に出かけました。


採血検査はいつものように順番待ち渋滞。今日は300番近かったです。毎度毎度これだけで疲れます。


診察はちょっと風邪気味の主治医。当直の時に乾燥したと言っていました。お大事にしてください(笑)


尿測値や血算値は少しずつ改善傾向にありました。


潜血も+-。赤血球は2個/HPFでした。


ヘモグロビンは11.7  白血球数は7,600  血小板171,000 という結果でした。


γーGTPもかなり下がりました。CRPも1.0を切っていました。


主治医はかなりGVHDも治まりつつあるのではないだろうかということでした。


先日の肺機能検査の結果も併せて話してくれました。予測値よりも低くなっているのは多分筋力不足によるものだろうということでした。


病院からの帰りがけに入院中お世話になって、今は別の病院で勤務されているK先生に拙書「血液の工場が壊れた」を渡してきた。診察の合間少しばかりお話ができた。
[PR]

# by m1n0t5r3 | 2013-12-04 22:22 | 骨髄移植

13/11/20 いつものように、でも

水曜日の恒例行事、定期受診です。

駐車場や採血室は相変わらずの混みようでした。

それでも最近は時間の使い方が上手くなってきたのか、あまり早く病院に行かなくても良くなってきました。

検査結果は、尿測値は潜血が1+でちょっと心配に。見た目には何ともないのですが。

血算値は、まあまあの値でした。


いつものようにここからが長いのです。

会計と投薬で診察以上の時間が掛かります。


病院をあとにして職場に少しだけ顔を出し、書類を受け取って帰りました。



















帰りがけに立ち寄った某牛丼チェーン店でカチンとしてしまいました。

注文したのは、新発売の物。店員さんに告げると「只今、仕込み中で時間が掛かります。」とのことなのでノーマルをお願いしました。

ここからがカチンときたことが、二分も経たず入ってきた客の注文を別の店員さんが取ったら、「仕込み中」などとはひと言も言わず、すぐにマントルの頼もうとしていたものが出てきたのです。


唖然としてしまいました。会計の時に「ここの仕込みは1分で終わるのですか?」と聞いてみました。

会計は注文した時の店員さん。あれこれ言ってたようですが…。


マントルもたまにはカチンときたり、キレたりもします。おとな気ありませんが。(笑)
[PR]

# by m1n0t5r3 | 2013-11-20 22:02 | 骨髄移植