13/11/07 リボン

流行りのリボン。いろんな色がありますね。

とりあえず、ピンクとレッド。
a0156526_14485131.jpg


ライムグリーンは悪性リンパ腫、ゴールドは小児ガン、オレンジはDV、等々。

ところでピンクは乳ガン、レッドリボンはAIDS撲滅ですよ。
[PR]

# by m1n0t5r3 | 2013-11-07 14:46 | 革細工

13/11/07 2週間ぶりでした。

水曜日の大学病院は相変わらずの混みようだった。採血待ちは80人。9時過ぎに行ったのに会計が終わり薬を受け取ったのは2時近かった。


採血に時間がかかったので、診察も予約時間にはしてもらえず予定よりも1時間以上経ってからだった。


採血採尿結果は、どちらも改善の方向に向いていた。

尿測地の潜血反応はマイナスに。血算値もヘモグロビン12.0  白血球6400  血小板16.5 という数値だった。

γーGTPの数値も下がってきていた。


主治医に
「いつになったら改善するのでしょうか?」と尋ねると

「そんなにいつまでも(ドナーと)体の中でけんかしていることはないと思いますよ」という返事。「膠原病の患者さんは自分の体同士で闘っていますよ。」とまで。


薬の量は減りませんが、少しずつ改善の方向に向いている感じです。
[PR]

# by m1n0t5r3 | 2013-11-07 08:49 | 骨髄移植

13/10/23 ホッと胸をなで下ろす。

三週間ぶりの定期点検でした。


採血は相変わらず待ち時間がかかりました。おまけに三度目でようやく刺入。刺してくれたのはやっぱりベテランのFさんでした。やっぱり頼りになるなぁ。でも退職したらどうなるのだろう?


診察が始まったのは採血後、一時間以上経ってからでした。今日の診察はドキドキでした。


なぜドキドキだったかというと、先日PET検査の結果が通告されるからでした。ドアを開け椅子に座り、今の気持ちを主治医のH先生に伝えました。


先生からは『「集積は認めず」というコメントでしたよ。』の一言でした。


ホッと胸をなで下ろすことができました。今週に入ってからなぜか不安でいっぱいでした。


尿測値や血算値は落ち着いています。聴診をし、診察は終わりました。


再発が今のところ認められていないと言うことが今日は一番うれしいことでした。


このままの状態が続いてくれることを願っています。
[PR]

# by m1n0t5r3 | 2013-10-23 17:22 | 骨髄移植

13/10/03 病院あるある

膀胱内のポリープを切除してから初めての外来診察でした。


予約時間は午前11時。


待合いで周りを見るとみんな年上の人ばかりのように見えました。


しかも診察が終わってくると、皆さん入退院センターの手続き書類を持っています。


若干心配になってきていました。今日の外来は切除したポリープの生検結果が出るのでした。


しかし待てど暮らせどなかなか名前が呼ばれない。少し早めがいいかなと思い、10時半頃に行ったのですが正午になっても呼ばれません。1時になっても未だ呼ばれません。


しびれを切らし、受付窓口へ。


嫌み満載で「あと何時間待ちますか?この予約時間はあってないようなものですね。」とマントルとしては精一杯試みました。


窓口の事務員さんも慣れたもので、パソコンの画面を見ながら「先生一人で診ているので時間がかかるんですよね。あと5人くらいでしょうか。」


せめて看護師長さんが待合いにきて診察の進行状況など話してくれたらと思いました。


やっと呼ばれて診察が始まったのは2時を回っていました。


椅子に座るなり、「悪性腫瘍ではありませんでした。異形上皮というもので今後2年間経過観察しましょう。」ということになりました。


診察(問診)はたったこれだけ。3時間半以上待ってたった5分で終了しました。


大学病院のような大きな病院ではよくあることなのかかなとも思いましたが…。
[PR]

# by m1n0t5r3 | 2013-10-04 10:47 | 泌尿器科

13/10/02 マイナスになりました。

2週間ぶりの外来受診でした。

相変わらず採血は時間がかかりました。でも一回で採ってもらったので助かりました。


診察まではいつもの指定席に。本を読んだり、看護師さんとお喋りしたり、結構時間潰しになります。


予定の時間に診察してもらえました。


尿測値の潜血反応がマイナスになりました。ポリープを取ったことで出血が収まったのでしょうか?


いずれにしても、体は一年経って着実に回復しているのかな?という実感です。


主治医からは、「もう少ししたら予防接種でもしなくちゃならないですね。」って言われました。

そうなんです。抗がん剤の投与と移植をしたので、赤ちゃんと同じ体の状態なのです。

先ずは免疫が下がっているので不活性ワクチンの接種からになるようです。

母子手帳に載っているものを全てするようになるようです。
[PR]

# by m1n0t5r3 | 2013-10-02 11:33 | 骨髄移植

13/09/20 カルチノイド

骨髄移植をするといろいろな副作用や合併症が生じると医師からは言われてきました。


血尿もその一つかと思っていましたが、膀胱内にできたポリープのせいだったようです。


そのポリープも無事に切除でき、今のところ血尿はありません。



GVHDの関連検査でもう一つ分かったことがありました。それは直腸にカルチノイドが生じていたことでした。


カルチノイド。あまり聞き慣れない言葉ですが、カルチ=癌、ノイド=ようなもの というのだそうです。放っておくと大きくなるし、ガン化していくのだそうです。


最近では、経済評論家の金子哲雄さんが肺のカルチノイドで逝去されたのをご存じの方もいらっしゃると思います。


直腸のカルチノイド切除手術は群大では行えないというので、切除手術のスペシャリストのいる高崎にあるM病院で行いました。


1泊2日の入院で手術は無事に終了。術後の注意は排便の時息まないこと。思いっきりおならをしないことをしばらくはしないようにと言われました。


20日、術後の外来診察に行ってきました。採血をして診察を待ちました。



採血後一時間くらいで診察室に呼ばれました。主治医のW先生がニコニコしながら出迎えてくれました。


改めて手術の様子を解説してくれました。カルチノイドは3Φくらいとのことでした。カルチノイドの周囲に目印をつけ、薄皮を剥がすように切除。普通の人ならこれで終わりなのですが、マントルの場合は移植のために免疫が下がっているので、さらにクリップ縫合までしてもらえました。


そして、直腸カルチノイドから卒業することができました。
[PR]

# by m1n0t5r3 | 2013-09-21 15:31 | 骨髄移植

13/09/18 久々の定期点検

血尿による緊急入院があったので3週間ぶりの定期点検でした。


水曜日は相変わらずの混みようでした。おまけに三連休が続いたので、採血室は患者さんであふれかえっていました。


なんと採血待ち100人。こんなの今までにありません。


静かな場所でいつものようにしばしの休憩。その間にもお世話になって看護師さんとお話しすることができました。


採血して診察になるまでまた一時間ほど待つことに…。


診察では術後の経過など話しました。


血算値はヘモグロビン10,5万 白血球7,900 血小板18.5万でした。尿測値は潜血1+、赤血球数10個でした。


診察が終わってからが、薬の処方に手違いがあったので昼食にありつけたのは2時半過ぎだった。


一応安定している状態が続いているので一安心。
[PR]

# by m1n0t5r3 | 2013-09-19 10:46 | 骨髄移植

13/09/14 ポリープ切除手術

9月3日深夜の緊急入院から一週間経ち、ようやくポリープの切除手術にGOサインが出ました。



10日当日は朝から水分や飲食は禁止となります。これはほかの手術でも同じことでしょう。昨日の夕食からですから朝食の時点で14時間経過。



看護師の指示で飲んで良い薬だけを水で飲む。いつもなら13種類の薬を飲んでいるが、7種類くらいを飲んだ。


午前中のうちに点滴のルートが確保され、手術まで約一リットルの補助液を流すことになった。一回でルートを採ってもらいホッとする。


しかし、そこからが長かった。看護師情報では今日の三番目の手術とのこと。最初の患者さんが開腹手術で時間がかかるかもしれないとのことだった。


その時間が半端のないものだった。3時になっても、4時5時になってもお呼びがかからない。職場を早退してきてくれている相棒も痺れを切らしそうな状態だった。


5時過ぎには妹も病院に来てくれた。


しかし待てど暮らせどお呼びがかからず時間は過ぎていった。

つづきを読む…。
[PR]

# by m1n0t5r3 | 2013-09-14 00:48 | 泌尿器科

13/09/07 病室から

血尿がひどくなって緊急入院してから5日目。


入院している病棟は、慣れた北側でなく南病棟です。窓側のベッドなので景色も見えますが、入院してからは天候がすぐれず遠くの山々がなかなか見えません。

今朝も濃霧で回りもよく見えません。

灌流は順調に進み、今は止血の点滴が繋がれています。

あとはこのまま様子を診ながら、来週の手術を待ちます。
[PR]

# by m1n0t5r3 | 2013-09-07 07:46 | 泌尿器科

13/09/04 緊急入院

移植の副作用や合併症のひとつなのでしょうが、血尿にはいつまでも悩まされ続けています。

昨日の午後から、コアグラが出始め血尿も鮮やかになってきました。

相棒に帰って来てもらい、病院へ。

膀胱洗浄してもらって、一旦家に戻ったのですが、その後もコアグラがつまり気味。

仕方なく夜間診療に逆戻り。再び膀胱洗浄しました。長い長い洗浄が続き、悶絶状態。

医師からは「入院しましょう。」の一言で午後10時過ぎに緊急入院することになりました。

膀胱洗浄をかなりしてもらったので、今は落ち着いてきています。

来週のポリープ切除手術まで暫く休養ですね。

でも今回のコアグラは妙にしぶとく、今までで一番辛い洗浄でした。
[PR]

# by m1n0t5r3 | 2013-09-04 19:30 | 泌尿器科

13/09/02 経過良好

骨髄移植後の副作用や合併症の検査をしたときに、新な病気が見つかったのは半年前のことでした。



大腸(直腸)にガンもどきと言われる「カルチノイド」が見つかったのでした。


普通なら直ぐに切除手術となるところでしたが、血小板数が10万を切っていたこととカルチノイドの切除手術の専門家が居なかったのでした。



そのため、血小板数が上昇するのを待ってから手術をすることになりました。



待ったおかげで、8月末には15万を越えるまでになり、手術のGOサインが出ました。


手術は全身麻酔で行ったのですが、眠りが浅かったのか手術台の様子も遠くに聞こえていたような気がしました。



手術は成功しました。通常は切除するだけなのに、傷口をホチキス縫合してもらいました。


おそらく医師も重複の病気を持つ患者の手術は少なかったと思います。術後の様子を話す顔つきもほころんでいたような気がしました。


一泊二日で退院することができました。その後も体調に変わりはなく、昨日病院へ検査に行きました。


血算結果は良好だったようで、食事も普通に摂って良いことになりました。


またひとつクリアしました。






でも、また来週手術が待っています。膀胱ポリープも見つかっていたので、その切除手術をしなければなりません。


一難去ってまた一難ではありませんが、ひとつひとつクリアしながら体調を元に戻していこうと思っています。
[PR]

# by m1n0t5r3 | 2013-09-02 11:45 | 骨髄移植

13/08/23 感動

夏の甲子園が地元、群馬代表の前橋育英の優勝で幕を閉じました。

県勢としては14年振りの優勝でした。

数々の緊迫した好ゲームが続き、溌剌としたプレーに元気と感動をたくさんもらいました。

そんな中、一番感動したのは9回表育英の攻撃のときに起きた出来事です。

バッターのファウルチップが延岡のキャッチャーの右腕に当たったのです。

キャッチャーが痛みに苦悶の表情を浮かべているところに、真っ先に駆けつけ、コールドスプレーをかけていたのは、育英の一塁ランナーコーチでした。

敵味方なく、こんなことができたのは、日ごろからの指導の賜物ではないでしょうか。

真剣なプレーに感動するのは当たり前のことですが…。
[PR]

# by m1n0t5r3 | 2013-08-23 14:26 | 日常

13/08/20 色いろいろ

a0156526_152750100.jpg

最近の作品はランドセルたちです。

靴の次はこんなのを作っています。

定番の赤と黒だけでなく、いろんな色のランドセルになっています。

本物を作って欲しいという要望もあるのですが、果たして六年間使えるものが作れるかどうか?
[PR]

# by m1n0t5r3 | 2013-08-20 15:27 | 革細工

13/08/06 「血液の工場が壊れた」

マントル細胞リンパ腫奮闘記を発刊して以来、久しぶりに闘病記をまとめました。


今回は骨髄異形成症候群とHLA検査、造血幹細胞移植についてだけ書き留めてみました。

a0156526_8462646.jpg



入院生活だけではなく、告知から退院までを110余ページにまとめました。


題名は衝撃的かもしれませんが、患者の本音です。


印刷製本ともすべて自作です。(プチ自慢)
[PR]

# by m1n0t5r3 | 2013-08-06 08:49 | 骨髄移植

13/08/06 ポリープの切除

久しぶりの更新です。


日曜日の夕方、久々に血尿が出ました。それほどの量ではなかったので救急外来のお世話にはなりませんでした。

そして昨日、前々から予定されていた泌尿器外来を受診しました。先日高崎の病院で撮影したCTのデータを持って。

採血と採尿から診察まで2時間近く待たされました。

いざ診察。データを見ながら、膀胱内視鏡検査をして確認しましょうということに。

検査はズボンやパンツを脱いで検査台に座ります。尿道を麻酔して検査しました。きれいなピンク色の膀胱の一部が盛り上がっているのが確認できました。その周囲には血がにじんでいるようにも見えました。多分ここが血尿の元なのかと思いました。

検査後すぐに担当医との話し合いになりました。「良性にせよ、悪性にせよ切除した方がいいですね。」という話にはすぐに同意した。

切除することで血尿が治まるのならばそれも良しと考えました。

9月の第2週に入院して切除手術をすることになりました。4~5日の入院で済むようです。移植に比べたらたいした期間ではありません。




移植によっていろいろ新たな病気をもらっています。合併症は仕方のないことと半分は諦めていますが…。
[PR]

# by m1n0t5r3 | 2013-08-06 08:43 | 骨髄移植

13/07/26 安定しています。

毎週の点検結果も最近は落ち着いてきています。

尿測値も潜血反応1+、赤血球数も二桁になりました。

血算値も白血球は基準値内、ヘモグロビンや血小板も基準値に近づいています。

このままいって、次の治療も上手くいけば良いのですが・・・。
[PR]

# by m1n0t5r3 | 2013-07-26 08:53 | 骨髄移植

13/07/17 快方に

いつものように水曜日なので、定期健診。

採血は80人待ち。ビックリである。50人くらいは今までもざらだったが、80人は初めてだった。

いつものように北7階のロビーで時間を潰す。

採血はベテランのFさん、
「細いけど大丈夫かな?」
なんて言いながらも、山の話をしながらあっという間に採ってもらえました。

診察では、先日の眼科の結果を話したり、血算値も上昇しているので次の治療のことを話したりした。

自宅に戻ってから、診察の予約も済ませた。

尿測値も先週よりも下がっていたので、ひと安心だった。
[PR]

# by m1n0t5r3 | 2013-07-17 21:53 | 骨髄移植

13/07/16 300日

昨年9月18日に末梢血幹細胞移植を行いました。



昨日で300日経ちました。入院中から化学療法の副作用や移植による合併症に悩まされ続けながらも、何とか乗り切ってきました。



退院してすぐに血尿が出て病院に逆戻りには慌てました。生まれて初めて経験した「真っ赤な鮮血尿」には心臓が飛び出るくらいでした。



その後も2回、血尿が出たために入院しました。わずか10日間くらいでしたが、そう何回も入院したくないなと感じました。



4月辺りからは血尿が出てもあまり慌てなくなり、一応病院に問い合わせて指示を仰ぎながら自己解決しています。


入院中から消えない症状に手足末梢の痺れがあります。正座を長時間していて立ち上がれなくなるあの「痺れ」感がずっと続いているのです。薬の副作用なのでしょうが何とかならないものかといつも思っています。



最近はそれに加えて、目がショボショボしてきています。目やにが出たり、霞がかかったりするような感じがあり少し見えにくくなっています。眼科も受診しました。「白内障」ぎみだと言われました。経過観察です。気休めに目薬を差していますが…。あんまりかわりません。



それにしても暑い日が続いています。家にいるときはエアコンフル稼働です。
[PR]

# by m1n0t5r3 | 2013-07-16 09:01 | 骨髄移植

13/07/10 定期点検日

先週救急外来にかかり、膀胱洗浄をしてもらった後なので尿検査でどんな数値が出るか心配だった。



予定の診察時間帯よりも一時間ほど遅れてようやく診察してもらった。



尿定性検査では、潜血反応は2+、赤血球数は120個を切っていた。先週の十分の一になっていた。



血算値もヘモグロビン11.4万 白血球 7400 血小板 12.4万 という数値で少しずつの右肩上がりになっていた。



このままの状態でどんどん数値もよくなり、安定してくれればよいのだが…。



35℃を超える猛暑の中での通院は体に応える。家に帰るとすぐにエアコンフル稼働。
[PR]

# by m1n0t5r3 | 2013-07-11 11:09 | 骨髄移植

13/07/08 泌尿器科受診

先週、金曜の夜からいつもよりも血尿がひどくなった。水分をたくさん摂れば今までは治まっていたのに、夜中になっても鮮血がひどくなるばかりだった。


仕方なく、病院に電話をし指示を仰ぐことにした。

症状を伝えると直ぐにでもきてくださいとのこと。相棒に送ってもらい深夜救急受診をしたのでした。

泌尿器科の当直医に膀胱洗浄してもらい、その日は帰宅した。

帰りがけに月曜、外来次回はしてくださいと指示があったので、今日の受診となった。

当直だった医師が診察をしてくれた。初めに問診をし、次に内視鏡検査をすることになった。

ズボンとパンツを脱ぎ、専用の椅子に座って検査を受けました。

麻酔をしてくれるので、内視鏡挿入時の痛みはほとんどありませんでした。

モニターの画面で自分の膀胱内を見ながら医師の説明を聞きました。

「出血性膀胱炎」とのこと。出血の箇所もかさぶたになっていました。

内視鏡でかさぶたを採ることもできるが、採ってまた出血したら困るので、次回までの経過観察となりました。

取り敢えず、4日経っても肉眼で血尿は確認できていません。
[PR]

# by m1n0t5r3 | 2013-07-09 17:05 | 骨髄移植

13/07/03 突然血圧が…

いつものように水曜日の定期点検。最近は水曜日でもあまり混まなくなりました。



採血待ちもそれほど時間は掛かりませんでした。待っているときは北7階のロビーが定席です。ボーッとしているだけなのですが、落ち着いた時間を過ごすことができます。


今朝は看護師のMさんとしばらくお話しすることができました。優しい語り口で患者を癒してくれます。昨日からの彼女の仕事は新人さんの夜勤補助とのことでした。9時を過ぎていたので少し時間ができたのでしょう。おつきあいをしてくれました。感謝。



診察も予約時間よりも少し早くしてもらうことができました。



血算値はヘモグロビン11.8万 白血球7000 血小板10.8万 でした。まあまあといったところでしょうか。



尿検査では、潜血反応は3+、尿沈査(赤血球数)では1000個/HPFと若干前回よりも多かったです。


と、ここから身体に異常が…。


急に冷や汗が出たり、生欠伸がでたり軽いめまいのような感じがしました。診察台に横になって「先生、血圧測ってもらえますか?」と依頼。すぐに測ってもらうとなんと、最高血圧が90でした。



朝起きて測ったときには130/94くらいだったので、それはびっくりです。いろんな反応に体は正直です。



主治医は「今日は輸血の患者さんもいないので処置室のベッドも空いているので休んでいってください。」と指示を受けました。



先々週から飲み始めた降圧剤のせいなのかと思いますが、一時間半ほど休ませてもらいました。



おかげで会計や投薬まはあまり時間が掛からずスムーズに処理することができました。
[PR]

# by m1n0t5r3 | 2013-07-04 08:29 | 骨髄移植

13/06/26 改善の兆し

いつものように水曜日は週一の定期点検日。


朝から生憎の雨。それでも病院は混雑しています。再活の順番は207番。ここでもいつものように北7階のロビーで時間調整をさせてもらいます。


コミックを読んでいたら少しばかり時間オーバーで、すでに番号は呼ばれて後でした。でも待たずに採血してもらえました。しかも一回で。何回も採血してもらっている患者にはありがたいことです。


採血結果が出て診察までは、また一時間ほど掛かるので北7階のロビーでしばし休憩。革細工の髪飾りとバレッタをお世話になった看護師さんに渡してきました。ちょうど夜勤明けだったのでしばらく話をすることができました。


診察は予定の時間よりも30分遅れ。先週の予約の時に主治医曰く「来週は混んでますね。」その通りでした。


一週間の様子を聞かれます。特に変わった様子はないと答え、今の愁訴を話します。今のところ一番しんどいのは足の痺れです。


足底と爪先が特に痺れています。昼間はそれほど感じないのですが、夜になるとジンジン痺れてくるのが分かるのです。


血算値はヘモグロビン11.9万   白血球7,900  血小板12.3万  でした。 尿検査の方は潜血反応は3+、赤血球数は300という値で先週よりもそれぞれ改善されていました。


ホッと一安心です。でも、トイレに行くときはいつもビクビクしています。またいつ鮮血尿が出るのではないかと…。





また一週間様子を見ます。
[PR]

# by m1n0t5r3 | 2013-06-27 09:28 | 骨髄移植

13/06/19 長かった。

水曜日、いつものように定期点検で病院へ。

駐車場に入るのもスムーズ、採血もあんまり待たずに採ってもらうことができました。今日は一回、漏れもありませんでしたよ。001.gif


いつもと違ったのはここからでした。10時30分からの診察予定でした。少しは掛かるかなぁとも思っていました。


中待ち合いで待っているのですが、なかなか呼ばれません。やっとこさ呼ばれたのは、なんと正午過ぎでした。


血算値はヘモグロビン、白血球、血小板それぞれ基準値に近づいたり、基準値内に入っていました。

その他の値も基準値内に入っているものが多くなりました。


月曜に行った「心臓エコー」についても評価されていました。結果は入院中と余り変わりありませんでした。


しかし、血圧や頻脈は続いているので、心臓に負担をあまりかけないようにするため、薬が処方されました。アーチストという品名の薬です。


血圧関連の薬はずっと飲み続けなければならないと良く聞きますが、塩分制限したり運動をしたりすれば改善できると主治医が話してくれました。


また、朝に飲む薬が増えました。003.gif



結局、全てが終了したのは13時過ぎでした。(笑)
[PR]

# by m1n0t5r3 | 2013-06-20 15:41 | 骨髄移植

13/06/17 ついうっかり。

定期点検のほかにも、いろいろ検査を受けます。レントゲン撮影、CT、PET等々。


今日は「心臓エコー」でした。


検査だけだったので、検査時間もそれほど長くなく、会計も午後だったので早く済ませることができました。


早く終わったのは良かったのですが、検査途中とんだ大失態をしてしまいました。



エコーの検査室は画像を鮮明に見るため天井の蛍光灯が消され薄暗くなります。昼ご飯を食べてからあまり時間が経っていなかったことと、検査技師さんの「息を吸ってください。吐いてください。止めて。」という繰り返しの言葉がまるで子守歌のように聞こえ、ついうっかり寝てしまいました。



技師さんに途中で、「マントルさん、マントルさん、起きてください。」なんて言われる始末。



恥ずかしいったらありゃしない。


CTやPET検査の時に寝てしまったことはあったけれど、声をかけられながらの検査で寝てしまったのは初めてでした。


でも、ホントに気持ちよかったんですよ。ホント。
[PR]

# by m1n0t5r3 | 2013-06-18 09:21 | 骨髄移植

13/06/05 ちょっとうれしい。

水曜日、いつものように定期点検なので大学病院へ。


混み具合に慣れてきたのか、患者が減ったのか、意外に採血から診察・投薬までスムーズでした。


血尿も3+ではあるけれど赤血球数は二桁にまで下がりました。


血算値もヘモグロビン量、白血球数、血小板数ともに上昇していました。血尿が少ないのもそのせいかもしれません。


トイレに行くといつもいつも血尿やコアグラにビクビクしているのは直りませんが、少しずつ自分の体が元の通りになっているのかと思うと、うれしくも感じます。

・・・続きを読む
[PR]

# by m1n0t5r3 | 2013-06-05 15:46 | 骨髄移植

13/05/30 初めてでした。

昨日はいつもの定期点検日。カレンダーを見ると第五週目でした。


そのせいか、若干患者の数も少なかったように感じました。

採血も休息場所を上手く活用して、タイミング良く採ってもらうことができました。

診察も患者が少なかったために、待ちもなくあっという間に終わりました。

血算値もまあまあの値を示していました。血小板が少し少なかった感じでしたが・・・。

さて、ここからです。今まで数多く病院で診察や入院をしましたが、必ず診療に対する費用を支払ってきました。

しかし今日は「限度額を支払って頂いていますので今日のお支払はありませんよ。」とのことでした。003.gif


昨年度から外来診療でも「高額医療支払限度」が適応になったので、その恩恵?を受けたわけです。

でも、薬の処方までは相変わらず時間が掛かりました。結局全てが終了したのは正午過ぎでした。001.gif
[PR]

# by m1n0t5r3 | 2013-05-30 07:55 | 骨髄移植

13/05/28 少しずつ

ここ二日間、我が家の階段を上がるときに支えがなくても二階まで上がれるようになりました。



今までは壁を支えにしながら、一歩一歩ゆっくりと上がっていました。時には一段ずつでなく足を揃えながらというlこともありました。



それが、足の太さは変わらず細いのですが少しばかり筋肉が付いてきたような感じがしています。



筋肉痛?も少しばかり感じています。なかなか心地よいものです。



血尿は相変わらず、微量ではありますが出ている感じがします。目には見えないのですが…。



やっぱり時間が掛かりますね。以前のような体力に戻るにははてさてどれくらい掛かるのでしょうか?



今から楽しみです。



明日はいつもの定期点検です。
[PR]

# by m1n0t5r3 | 2013-05-28 10:26 | 骨髄移植

13/05/26 ちょっとご無沙汰してしまいました。

定期点検では、血算値も落ち着いていて緩やかに右肩上がりで基準値の範囲内に近づいています。


それはそれで一安心なのですが、なかなか血尿が治まりません。薬の副作用もあるのでしょうが、毎回トイレに座るときは、ドキドキ・ビクビクしながらです。


努めて水分を多めに摂るようにしているのです。


今のところ、溜まり水はピンクに染まっていないので安心していますが、またいつ血尿が出るのか心配でたまりません。
[PR]

# by m1n0t5r3 | 2013-05-26 11:34 | 骨髄移植

13/05/15 まあまあかな?

一昨日は予約外で受診しましたが、今日はいつもの定期点検日。

拍子抜けでした。駐車場に入るのもスムーズ、採血も早く済みました。

いつもならこちらから採血者に声を掛けることが多いのですが、今日は採血者から掛けられました。

一日に何十人と採血するだろうと思いますが、そんな中覚えていてくれたことに驚きました。

診察でも、一昨日来たこともあって簡単な問診と聴診で終わりました。

血算値は右肩上がり、CRPも下がっていました。患者としては一安心と言いたいところなのですが、血尿は完全に陰性になったわけではないので、便器に座って用を足す時は「また赤くなるのかな?」なんて心配は無くなりません。007.gif

そんな愚痴を入院中お世話になった緩和ケアの看護師さんに今の気持ちを聞いてもらいました。001.gif

何を話しても受け入れてくれるのでちょっと癒されました。

会計から投薬まではいつものようにとっても時間が掛かりました。003.gif
[PR]

# by m1n0t5r3 | 2013-05-15 19:08 | 骨髄移植

13/05/14 ちょっと長引いている。

昨日の朝方から、血尿が多くなりました。



一時間から一時間半おきにトイレに行くと、血尿とコアグラ(血液の固まり)が出てきています。



あんまり続いたので、昨日は予約外で受診しました。



採血と採尿をして診察を待ちました。結果は特に血液に異常はなく貧血にもなっていないし、腎機能や肝機能も正常値に近づいているという。



確かに血算値を見ると、ヘモグロビンは10万以上、白血球も5000、血小板も多くなっています。体の炎症反応の値を示すCRPも先週の値よりも下がっていました。



結局経過観察になりました。でも一時間おきにトイレに行くのはかなり苦痛です。しかし、そうしないとコアグラで尿道が詰まる心配があるからです。



膀胱の毛細血管が弱くなっていて出血しているのでしょうが、早く出血が止まってくれないかと自分の体に言い聞かせています。
[PR]

# by m1n0t5r3 | 2013-05-14 10:50 | 骨髄移植