13/05/12 最近の体調

8日の水曜日にいつもの定期点検に行ってきました。



血尿が続いています。肉眼では分からないのですが、潜血反応は3+で赤血球数1000近くありました。



水分を取りながら、血尿と付き合っています。



浮腫の方は随分引いてきました。踝も分かるようになってきました。一時は針で刺すとはじけてしまうような感じでパンパンに張っていたのが今は嘘のようです。



長いつきあいになるのは分かっているのですが、いつもビクビクしながらトイレに立っている自分が情けなくなるときがあります。



白馬から帰って一週間になります。体調は安定しています。
[PR]

# by m1n0t5r3 | 2013-05-12 07:56 | 骨髄移植

13/05/05 村内散策

白馬に帰って三日目。今日はペンションのオーナーと村内散策をしました。

相棒とオーナーたちは山菜採りに。その間、駐車場付近でお留守番。
a0156526_20571322.jpg



大出公園という場所には姫川に架かる吊り橋もあります。
a0156526_20533674.jpg


桜もきれいに咲いていました。

公園からは白馬三山の眺めも素晴らしく、癒されたひとときでした。
a0156526_20564659.jpg

[PR]

# by m1n0t5r3 | 2013-05-05 20:53 | 日常

13/05/03 白馬に帰る

静養を兼ねて白馬に帰っています。



こんな書き方をすると、マントルは白馬生まれ?故郷?なのと思われる方がほとんどだと思います。



こんな書き方をするのは、「お帰りなさい。」と迎えてくれるペンションがあるんです。



もう20年以上のお付き合いのあるペンションなのです。家族ぐるみ?のお付き合いをさせてもらっていると勝手に思っています。



GWの渋滞に巻き込まれましたが、大阪の友人と豊科で合流。ここでちょっと驚きがありました。ICの名称が変わっていました。豊科ICが安曇野ICになっていました。



途中、信州蕎麦を食べ、有明別荘地でコーヒーブレイクしながら白馬に到着。



思っていた以上に寒いですね。部屋に入って最初にしたことは、ストーブ点火でした。(笑)



これから3日間のんびり過ごそうかと思います。
[PR]

# by m1n0t5r3 | 2013-05-03 22:25 | 日常

13/05/01 いつものように定期検診

毎週水曜は定期点検日です。



駐車場や採血室の大混雑は覚悟の上ですが…。



そんなときに限って意外とスムーズに事は運ぶものです。




駐車場へもすんなり、採血もあっという間の終わりました。



診察までの待ち時間は、いつもの通り北7階のロビーで一息です。



顔なじみの看護師さんたちが声をかけてくれます。時にはDr.たちも。



採血までがスムーズに運んだので、少し早めに外来診察室へ行きました。



採血結果、血算値はいくらか低めなものの自分の体としては許容範囲に落ち着いています。



と、診察までは早かったのですが会計・薬の処方が案の定、時間が係りました。



すべてが終わったのは正午を回った時間でした。



病院から遠くないのが幸いしていますが、一日がかりの患者さんが多いのでしょうね。




人ごとながら心配になります。病院に来てまた病気をもらって帰ったりして…。
[PR]

# by m1n0t5r3 | 2013-05-01 15:45 | 骨髄移植

13/04/30 浮腫がなかなか引かない。

最近は血尿も肉眼では分からない状態が続いています。少し安心しています。



しかし、もう一つの悩みが膝から下の「浮腫」です。



特に足首がひどく、時にはパンパンに腫れ上がってしまうこともあります。



弾性靴下を履いたりして、エコノミー症候群の予防のようなことをしたり、マッサージをしたりしながら乗り切っています。



足先には痺れもあるので、ダブルパンチです。



早く引いてくれないかと思っていますが、気長に待つしかないのかなあ。
[PR]

# by m1n0t5r3 | 2013-04-30 09:52 | 骨髄移植

13/04/25 定期点検

毎週水曜日は定期点検日です。



今回少し心配でした。というのも、先週2回ほど血尿の症状があったからでした。



症状のあったときには、一応病院に電話し指示を仰ぎました。二回とも夜間だったので医師からは「水分をたくさん取って様子を見てください。」というものでした。



二回とも何とか自力で目視では血尿が確認できないまでになっての検診でした。



水曜日でも最近はあまり待たないで採血してもらえました。



しかし、そこからが長かった。通常なら水曜日は再来の患者さんはあまり居ないのですが、なぜだか昨日はたくさんいて、採血から2時間近く待ちました。今までこんなに待ったことはありませんでした。



血算値はずいぶん落ちついてきました。体全体の炎症反応もかなり少なくなってきていました。



ただし、主治医からは「血尿やGVHDとはしばらく付き合うようになるでしょうね。」と改めて言われてしまいました。



昨日は診察までも長かったのですが、薬が処方されるまでもこれまた長く2時間近く待たされました。さすがに待ちくたびれました。



おかげで昼食は3時前でした。

・・・続きを読む
[PR]

# by m1n0t5r3 | 2013-04-25 17:55 | 骨髄移植

13/04/19 最近の体調

水曜日が定期的に外来受診の日になっています。

血算値は多少の上下は有るものの、基準値に近づいています。

しかし、落ちてしまった体力や筋力の回復はなかなか先がみえてきません。

そんな自分に自暴自棄になるようなことも無いわけではありません。

趣味の革細工の靴作りもはそんな気分を変えてくれます。退院してから(三回目の退院)作った靴は50個近く作りました。


ただ、心配なのは夕べから鮮血ではないのですが、血尿とコアグラが出ています。

水分補給を十分にして様子を見ています。担当医とも電話で連絡を取りながらです。

ひどくなってきたら、外来受診しようと思っています。
[PR]

# by m1n0t5r3 | 2013-04-19 08:46 | 骨髄移植

13/04/13 こつこつと

時間と体調に合わせて作りました。




意外と溜まるものですね。



a0156526_11253170.jpg





いろんな色で靴作りにチャレンジです。




指先のリハビリにもなってるのかな?




大物はまだまだ先のようです。
[PR]

# by m1n0t5r3 | 2013-04-13 11:26 | 革細工

13/04/10 定期診察

三回目の緊急入院からかなり時間が経ちましたが、今のところひどい血尿は肉眼では確認できない状況にあります。



水曜日、定期の診察日です。混み混みを覚悟で行ったのですが、駐車場にもすんなり入れました。



採血もそれほど待たず、待ち時間にレントゲン撮影も済ませることができました。レントゲン撮影は診察券を機械に通すとすぐに呼ばれ、あっという間に正面と側面の撮影が終わりました。



今日は採血スピッツが7本と、いつもより多めの採血でした。技師さんも上手くて一回で7本、すべてを採ってもらえました。



診察までは一時間ほど待ちます。北7階のロビーでのんびりした時間を過ごします。



スタッフも異動があって新しい顔がありました。



診察は、今のところの主訴を二つ話しました。末梢の痺れとそれによる冷え、もう一つ足首付近のむくみを訴えました。



痺れについては相変わらずの返事でした。時間が経たないと解決しないようです。



浮腫については、薬で浮腫を引かせるのは、脱水状態を起こしかねないということで薬の増量や別の薬を使うことはできないようです。



潜血は2+、赤血球数も40以下となっていました。コアグラも今のところ出ていません。もう少しの辛抱かと思います。




血算値については、ヘモグロビン量、白血球数、血小板数もしっかりと右肩上がりでした。赤血球を造る網赤血球もかなりの数が増殖しているようです。



たっぷり薬をもらって帰りました。また来週です。
[PR]

# by m1n0t5r3 | 2013-04-10 18:04 | 骨髄移植

13/04/08 人気(ひとけ)がない

4月8日は仏教を開いたお釈迦様の誕生日です。菩提寺でも花祭りをしています。
a0156526_11554029.jpg




でもいつもとは境内の雰囲気が全然違うのです。




普通なら桜が満開で綿飴や焼きそば、焼きまんじゅう、クレープなどのお店が出ていて賑わうのが普通でした。



今年はそれがいっぺん、ひとっこ一人境内にいないのです。
a0156526_1159912.jpg



桜が咲き終わり、みんな葉桜になってしまっているのです。
a0156526_121118.jpg




風も強く、少し寒い境内でしたがお釈迦様の像に甘茶をかけて、病気の平癒をお願いしてきました。








平日と言うこともあるのだろうけれど、ちょっと寂しい花祭りです。
[PR]

# by m1n0t5r3 | 2013-04-08 12:05 | 日常

13/04/07 蕎麦おおの

カテゴリが久しぶりに「骨髄移植」や「日常」から代わりました。



相棒と本当に久々、蕎麦を手繰りに出かけました。



高崎市、旧箕郷町にある「おおの」さんです。
a0156526_1931492.jpg




駐車場の近くに雷神というお煎餅やさんがあります。その庭になんと見た目は桜とほとんど変わらないのですが「アーモンド」の木があります。
a0156526_19264920.jpg




もう散り始めていますが、開花時期といい花びらの様子といい桜と見間違えるほどでした。



お邪魔したときはちょうどお昼時ということもあり、店内は満席状態。待ち人(組)も一組あり30分ほど席に着くまで、待ちました。



小上がりに案内されました。お願いしたのは「野菜天セイロ」です。相棒はいつものように「セイロ」のみ。



待つことしばし、運ばれてきました。約10ヶ月ぶりくらいでしょうか?
a0156526_1932698.jpg




かなり待ちましたが美味しくいただきました。ご馳走様でした。
[PR]

# by m1n0t5r3 | 2013-04-07 19:33 | 食べ歩き

13/04/03 右肩上がり

水曜日、定期の外来受診です。大雨の中を病院に向かいました。いつもなら駐車場に入るまでかなり時間が係るのですが意外とスムーズに。



採血室でも、いつもなら順番待ちのカードを取ってから、そこから待つのですが今日はカードはなく機械に診察券を入れることができました。採血待ちの人数も40人ほど。少ない方でした。雨のせいかな?



今日は血液内科と皮膚科に受診です。



最初に血液内科。太腿を中心にできた発疹もずいぶんなくなってきました。医師の判断では軽いGVHDだったのでしょうかね。ということでした。



今の主訴を話しました。とにかく足の痺れが何とかならないものかと。痺れに効く薬も有るようなのですがこれ以上薬を増やしたくない様子。マッサージや温めで凌いでくださいということになりました。



うれしいこともありました。血算値がかなりあがってきていたのです。特に血小板は初めて10万を超えました。11.1万ありました。基準範囲内には届きませんが、マントルにとっての10万超えはとってもうれしいものです。



このままの状態が続いてくれればよいのですが…。



次は一週間後です。
[PR]

# by m1n0t5r3 | 2013-04-03 23:05 | 骨髄移植

13/04/02 応えます。

新年度になりましたね。


職場でも多くの人が退職したり、他の職場へ異動したりしました。


もちろんのその人たちと入れ替わって新しい方も見えていることと思います。


通常ならば、今日が歓送迎会です。残念ながら休職中なので参加できません。


ずいぶんお世話になった人もいたので、直接会ってお話ししたかったな。と思っています。







それにしても、ここ一週間の気候の変化は病気上がりの体にはとっても応えます。


暖かいときには20度を超え、寒いときには10度を下回る。


骨と皮だけになってしまっている体は暖かいときはとても過ごしやすいのですが、寒さはそれこそ「骨身にしみます。」


いったいいつまでこんなことが続くのでしょうか。


寒くて、散歩にも出られず体力もなかなか元に戻りません。


少し救いなのは、食欲が少し戻ってきたことです。味覚障害はまだまだあるのですが無理矢理食べていたら、胃が大きくなってきたようです。



やっぱり食べなきゃだめですね。



明日は血液外来と皮膚科外来の受診に病院に行ってきます。
[PR]

# by m1n0t5r3 | 2013-04-02 18:21 | 日常

13/04/01 他科受診

血尿が出て三回目の入院をしたときのことです。



退院間際から、右肩を下にするとその右肩に刺すような痛みがありました。


「ここ」と特定できないのです。何処が痛いと医師に聞かれても答えられないのでした。


退院するときに、整形外科を受診してくださいと院内紹介状を書いてもらいました。


そして今日の受診となりました。


整形外科は意外と混んでいましたが、診察をしてもらいました。最初は問診と肩を動かして触診。レントゲンも撮りましょうということで、一旦レントゲン撮影してからもう一度診察でした。


で、診察読影結果は特に肩の骨や神経などに異常はなく経過観察となりました。


ホッと一息です。何か違う病気が見つかるのが今まででしたが、今回だけはそれもなく安心しました。


受診後、入院中に緩和ケアでお世話になった看護師のTさんに会いに患者支援センターへ。多忙らしく少しの間待ちました。


ほどなくTさんが患者の愚痴を聞きに来てくれました。今現在の主訴である「味覚障害」と「末梢に痺れ」についてべらべらとしゃべりまくりました。


うんうんと頷きながら愚痴を聞いてくれます。20分ほどでしたが有意義な時間を過ごすことができました。


今度はいつ聞いてもらおう。
[PR]

# by m1n0t5r3 | 2013-04-01 16:32 | 骨髄移植

13/03/31 春の新色第二弾

こつこつと革細工を進めています。


貯め込んだいた革の中に有った色で作ってみました。


a0156526_11292192.jpg
a0156526_11293232.jpg



紐は滑りやすかったのでこめ結びにしてしまいました。
[PR]

# by m1n0t5r3 | 2013-03-31 11:30 | 革細工

13/03/28 新作

家で療養しながら、革細工は続けています。


今は、ミニの靴作りにはまっています。


ここ数日で作ったのは春の新色。


a0156526_22164137.jpg
a0156526_22165093.jpg
a0156526_2217927.jpg



同じ色のハイカットとローカット。


細かい作業は末梢の痺れはきついのですが、なんとかやってます。


バッグなどの大物はまだまだ先のことになるでしょう。
[PR]

# by m1n0t5r3 | 2013-03-28 22:17 | 革細工

13/03/27 外来受診してきました。

昨日は水曜、外来受診日だったのですが渋滞覚悟で病院へ出かけてきました。


案の定、採血室は大混雑。診察が始まるまで2時間は待ちました。


いつものように、待ち時間はきた7階のロビーで寛ぎます。馴染みの看護師Kさんとしばらくお話しすることができました。


入院中の医師団の先生方に、焼き鏝で名字を書いた千社札風の根付け差し上げてきました。入院したときにはミニ靴を差し上げてはいたのですが…。


診察はあまり時間は係りませんでした。血算値もそこそこでしたが、炎症反応を示す(CRP)値が高めでした。鎮痛炎症剤も飲んではいるのですがなかなか数値が下がりません。


微熱も続いています。37℃半ば。血圧も高めです。脈拍も頻脈で120拍/分くらいあるときもあります。これは入院の後半から起こっている症状です。


ドナーの末梢血幹細胞はちゃんと生着しているのに、自分の元からものもがまだまだ闘い続けているようです。







もうしばらく気長に待ちます。自分の体を信じながら…。
[PR]

# by m1n0t5r3 | 2013-03-28 16:11 | 骨髄移植

13/03/23 ちゃんとしているようです。

こんにちは。

血尿は今のところ出ていません。少しコアグラが忘れた頃に排出されます。

しかし、ドナーからもらった「末梢血幹細胞」は順調に体の中で生着しているようです。

ゆっくりゆっくりだとは思いますが、ちゃんと新しい血液を作ってくれているようです。ただ、免疫抑制剤を使っているので、血算値はまだまだのところがあるようです。

胃の不快感は抜けていないので、食欲もなくやせ細っています。骨と皮ばかりの惨めな状態です。(笑)








家に帰って寛いでいますが、日中はひとりぼっちでTVを見たり、ラジオを聞いたりしています。革細工まではもう少しかな…って状態です。

昨日、菩提寺でもある近所の「慈眼寺」に墓参りを兼ねた散歩に行ってきました。

枝垂れ桜で有名なお寺です。境内のほとんどが枝垂れ桜で、満開になっていました。ソメイヨシノよりも少し早いんですね。

平日の昼間なのにカメラマンや見学者が大勢いました。

a0156526_1348694.jpg


今日は外に出ていないので分かりませんが多分見学者でごった返しているのではないかと思います。

車による渋滞も起こってしまうこともあります。
a0156526_13501796.jpg
a0156526_13503229.jpg

[PR]

# by m1n0t5r3 | 2013-03-23 13:50 | 骨髄移植

13/03/21 久々です。

ご心配をお掛けしましたって思っているのはマントルだけかな?

三度目の血尿入院をしていました。

今回は意外と頑固でなかなか通常の尿の色に戻りませんでした。

おまけに薬のせいなのか胃のあたりに膨満感があり、食欲不振におちいりました。

おかげで、体重も増えることはなく54㎏あたりを行ったり来たりでした。

またトレーニングのやり直しをしなくてはならないかもしれません。


入院中にPET検査もしてもらいました。こちらはマントル細胞リンパ腫の集積もなく経過は良好なようです。ただ、胸水が若干溜まっているとの判定を受けました。すぐにはその量が少なすぎて抜くことはできないとのことでした。

おかげで右の脇腹の痛みがときどきあり、鎮痛剤のお世話になっています。

しばらくは家でフリーな生活が送れると思いますが、またいつ血尿が出るか心配です。



まあ、革細工でもして気分を晴らします。
[PR]

# by m1n0t5r3 | 2013-03-21 14:01 | 骨髄移植

13/02/26 退院しました。

潜血の数値も下がって、目視する限りでは血尿もないので、退院許可が出ました。

家に帰ってはみたものの、なかなか家の環境に馴染めないでいる自分がいます。

寒さもあります。ストーブで部屋を暖めても病室とは違うんですね。

体も思うように動かない自分がもどかしくもあります。

早く体が慣れてくれればよいのですが・・・。
[PR]

# by m1n0t5r3 | 2013-02-26 15:39 | 骨髄移植

13/02/22 移動しました。

割増料金のかかった個室から大部屋に移りました。

医師や看護師のスタッフルームからは一番遠い病室です。

北側の病室、おまけに窓際なので寝ながらにして、赤城山がよく見えます。



尿の色も目視する限りでは、血は混じっていないようです。検体も採ったので、それには潜血反応もあると思います。

もう少し入院生活が続くかな?
[PR]

# by m1n0t5r3 | 2013-02-22 17:24 | 骨髄移植

13/02/21 抜けました。

膀胱の灌流を止めてから二日経ちました。

尿道カテーテルの尿の色が淡黄色になってきました。

午前中に泌尿器科外来に呼ばれ、車イスで診察をしに外来棟三階へ。

暫く待っていると医師から診察室に入るように言われ、入るなり「横になってください。」カテーテル内の尿の色を見て、あっという間にカテーテルを抜き取ってくれました。

医師からは、今後もこのような症状はあるとのことでした。早く免疫力が上がって、ウイルスを攻撃してくれるようになれば、ともおっしゃっていました。

あっという間に診察は終了。病棟までの帰りは、迎えを待てずに車イスを転がして戻りました。

血液内科の主治医は、少しずつ免疫抑制剤を減らしてくれています。ウイルスに自分の免疫力で立ち向かうことができるようになれるとよいのですが・・・。
[PR]

# by m1n0t5r3 | 2013-02-21 15:19 | 骨髄移植

13/02/18 膀胱の内視鏡検査

再度入院四日目。今日は泌尿器科の外来に行って来ました。

初めは膀胱洗浄をするだけかと思っていたら、内視鏡検査をすることにいつの間にかなっていました。

下履きを脱ぎ、特殊な椅子に座らされます。

医師はカーテンで仕切られた向こう側で内視鏡を入れます。挿入時の痛みはもう慣れっこになってしまいました。

膀胱内を見せてくれます。意外に膀胱内はきれいでコアグラ(血液のカス)は殆ど確認できませんでした。

しかし、膀胱の内壁には炎症が散見でき、その炎症が治まらないと血尿は続くと医師から告げられました。


今回の血尿はちょっと頑固です。
[PR]

# by m1n0t5r3 | 2013-02-18 20:00 | 骨髄移植

13/02/17 またまた

緊急入院でした。

また血尿がひどくなり、相棒に送ってもらいました。外来受診し、即入院。

大部屋に空きがなくて、特別室に仕方なく入りました。割増料金がかかりますが、深夜に灌流(膀胱洗浄)することもあるので、個室で良かったかもしれません。

前回の血尿の時よりも、出血がなかなか止まらずコアグラ(血液のカス)が溜まり安い状態が続いています。

泌尿器科の先生も様子を見に来てくれます。「暫くの辛抱ですかね。」「少しは動くように」など言われました。

確かに寝ているだけでは出血が淀み、カスができやすくなってしまうようです。

前回よりちょっとだけ時間が係りそうです。

まぁ、のんびり病気と付き合っていきます。
[PR]

# by m1n0t5r3 | 2013-02-17 10:34 | 骨髄移植

13/02/15 いろんなことが起こります。

移植は上手くいっているようなのですが、体の方はなかなか完璧になりません。

昨日(2/14)は入院中に行った大腸内視鏡検査で、新たな病気が見つかりそのエキスパートの医師のいる高崎のM病院に行きました。

病名は「カロチノイド」です。直腸に見つかったのでした。カロチノイドは、ドイツ語でカロチ=癌、ノイド=のようなものという意味らしいです。

最近ではエコノミストの金子哲雄さんが肺のカロチノイドで亡くなっています。

昨日も大腸内視鏡検査をしてもらいました。一昨日から検査食を食べ、昨日は朝昼と禁食でした。緩下剤を飲み腸を空っぽにして病院に行きました。検査は睡眠剤を点滴で入れてもらったので、痛みも感じなくあっという間に終わりました。

担当のW医師からは、「5mm程度ですね。よく見つかりましたよね。」という話。進行はゆっくりなので今のところの体の状態では特に血小板が少ないので手術に適した値になるまで待つような感じの答えでした。



そして、今日は朝までは特に変わったことはなかったことはなかったのですが、血尿が出ています。ワカメのような血のカスも時折混じっています。

つまらなければよいのですが、また入院になるのかなぁ?少し心配です。
[PR]

# by m1n0t5r3 | 2013-02-15 12:09 | 骨髄移植

13/02/13 外来受診

一週間前も雪でした。朝方には雪もやんでいて、道路に雪はなく車もスムーズに流れ病院に到着。水曜日なので相変わらずの混みようです。

採血の順番も199番。いつものように北7階でしばらく時間つぶし。看護師さんと話したり患者さんと話しながら。

採血はベテランのFさんではなかったのですが、痛みもなくあっという間に採ってくれました。

採血から診察まではまた一時間ほど係るので定位置に移動。入院中にお世話になった主治医のN先生が最近の様子を聞きに来てくれました。ありがたいことです。味覚のことやだるさのことを話しました。

外来に行くとすぐに診察室に呼ばれました。尿検査は若干潜血反応があるようでした。




血算値はというと、薬の影響があって白血球と血小板が少なくなっていました。味覚について聞くと「多くの方が異常を訴えていますよ。」「味付けも変わったりするようです。」そして「完全には治らないかもしれませんね。」と言われてしまいました。

今はとにかく「濃い」味がなじめません。




革の靴も作り始めました。
[PR]

# by m1n0t5r3 | 2013-02-13 14:32 | 骨髄移植

13/02/08 ちょっと変?

退院してから変なのです。何かって言うと「味覚」です。

長期の入院生活のためなのか、はたまた薬の副作用なのか病気が起因しているのか分かりませんが、とにかく入院前の味覚とは明らかに違う味覚が今口の中を席巻しています。

あれほど大好きなカレーライスやラーメンを食べても美味しいと感じられないのです。舌が拒絶反応を起こしているのではないかと思うくらいです。

濃い味がだめのようです。薄い味ならまだ良いのですが…。

来週、また外来診察があるので主治医に聞いてみようと思っています。併せて手足の末梢の痺れもなかなか収まらないので併せてそれも聞いてこようと思っています。

まあ、移植はいろんなことを経験させてくれます。
[PR]

# by m1n0t5r3 | 2013-02-08 22:27 | 骨髄移植

13/02/03 退院しました。

一週間の入院生活でした。昨日退院しました。

血尿も四六時中の止血点滴などのおかげで出なくなりました。



「やっぱり家はいいな。」と感じます。何となく落ち着きます。でも疲れます。横になっていることがほとんどなく、趣味の革細工なども早速始めてしまい、なかなか体が休められない感じがします。


帰っても血尿が出ないかいつも心配です。実は今朝も少しピンク色してました。おまけに午前中の排尿では血液の固まりのかすが出てきたりもしました。


そんなわけで、退院はしたもののまたいつ再入院するのか不安だらけです。


一応次回の外来は、水曜日(2/6)です。たぶん尿検査と血液検査とダブル検査になるでしょう。
[PR]

# by m1n0t5r3 | 2013-02-03 22:59 | 骨髄移植

13/01/31 もう少しの辛抱ですかね。

血尿が出てから一週間が経ちました。経過は順調のようです。

悶絶のあとからは、蓄尿の状態も通常の色でしたし、潜血反応もほとんど(ー)になってきました。

悶絶の日から、強制的に膀胱洗浄と止血の点滴を四六時中流し続けた結果、何とか出血も治まったようです。

あとは自分の免疫力で治していくしかないのかな?なんて思っています。

まぁ、移植はいろんなことを経験させてくれますね。

今後も慢性的に副作用が起こったりするんだろうなぁ。
[PR]

# by m1n0t5r3 | 2013-01-31 17:08 | 骨髄移植

13/01/25 悶絶

それは突然のことでした。24日の朝は何ともなかったのですが、昼前にトイレに行ってびっくりでした。

産まれて初めての衝撃が体を走りました。便器が真っ赤になっていました。

直ぐに病院に電話をし、直行しました。外来では、採尿するように言われたのですがなかなか出ませんでした。

そうこうしている間に診察を受け、その場で緊急入院することになりました。わずか5日間の外泊でした。

個室に入り、膀胱内の血液を洗い流す治療が行われました。

尿道に太いカテールを挿入して、生理食塩水で洗い流すのですが、太いカテールが尿道を通る時の痛みは半端なく痛いものでした。

しかも、ゴム管だけでは血の塊が引き抜けなかったので、金属のカテールまで挿入して膀胱内の洗浄を行いました。

そして、四六時中膀胱灌流するために再度ゴムのカテールを挿入。

ここまで三度の悶絶。

まだ試練は続きました。今日(25日)は泌尿器科の受診がありました。問診だけかなとたかをくくっていたら、エコーもすることに。

腹部のエコーでなく、直腸のエコーでした。

親指よりも太い機器が挿入されて、また悶絶しました。

昨日、今日と悶絶しっぱなしで体はもうぐったりです。

食欲もわきません。
[PR]

# by m1n0t5r3 | 2013-01-25 13:54 | 骨髄移植