人気ブログランキング |

11/05/16 一週間目の点検

第4クール、トレアキシンの治療からちょうど一週間が経ちました。いつもの定期点検日です。月曜と木曜が多いのかな?

月曜はとっても採液室(採血室)が混み合うんです。前回もそうでした。そんな経験からちょっと早めに病院に向かいました。

こんな時って、往々にして裏をかかれるものです。案の定、受付番号は二桁(#66)で待ち時間も10分程度。

でも、後から後から採血室には患者さんが訪れます。





外来受付もしてきていざ採血に。肘の内側の折れ曲がるところが一番皮膚も柔らかく採りやすいんでしょうが、私の場合は初発の時からとっても数多く刺されているので、皮膚も血管も硬化していてちょっと採りにくいんです。

それでもってちょっと外側から採ってもらうことに。血管を探されてしまいました。久しぶりに採血で痛さを味わいました。

すぐに採血者が変わり、手慣れた看護師のFさんに。「探されちゃったね。」なんて笑いながらあっという間に採血が済みました。




採血が早めに済んだので、診察までかなり時間が。手持ちぶさたもあり、休息の場所である病院の北7階のロビーに行ってしばしお休み。時折馴染み?の看護師さんが声を掛けてくれます。今日はTさんでした。




診察も血算値を見て、聴診をして、今後の予定を確かめて、ハイ終わり。20分も掛かりません。

今日の血算値はヘモグロビン11.5 白血球2,400 血小板5.2万 ということで白血球造血のためのG-CSF注射「グラン」のお世話になりました。




次は木曜日です。




そうそう副作用であろう「胃のむかつき」は発現から3日目で消えてきました。残っているのは血管痛だけです。

by m1n0t5r3 | 2011-05-16 13:50 | 悪性リンパ腫